老化が関連する病気

活性酸素が関与すると考えられている老化に関連する病態

動脈硬化

高齢者に多い心臓血管障害(心筋梗塞など)や脳血管障害(脳梗塞など)は高血圧や動脈硬化が主な原因で起こるとされています。

 動脈硬化症の中でも粥状(じゅくじょう)動脈硬化は、冠状動脈などの太い動脈の内壁を形作っている細胞(内皮細胞)にコレステロール(正確にはコレステロールエステルという物質)が溜まり粥腫(アテローム)を形成して血管をせまくし、また血管の線維化や石灰化のために血管の弾力性が低下する病気です。

 血管壁に溜まるコレステロールは、酸化LDL(low density lipoprotein、低密度リポタンパク質)に由来します。LDLの中のコレステロールは俗に悪玉コレステロールと呼ばれて悪者扱いされますが、通常は身体に必要なものです。

 LDL中のコレステロールが喫煙・炎症などで発生する活性酸素によって酸化傷害を受けると血管壁細胞に取り込まれ易くなり次第に蓄積して上のような病態を引き起こすことになります。