千葉県船橋市における2010年のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数の予測 I

 東邦大学  理学部訪問教授 佐橋 紀男

千葉県船橋市における2010年のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数の予測 II

2010年船橋市のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数の予測

過去27年間のデータと夏の7月中旬から8月上旬の最高気温と日射量の平均値との相関から予測式を導き、2009年夏の最高気温平均値(船橋アメダス)と日射量平均値(大手町、気象庁)とから得られた2つの予測値を平均して2108個となりました。

過去27年の平均が2284個なので僅かに平均に及びませんが、ほぼ平年並みと予測されます。

来月のスギ雄花の着花状況や12月までの年内スギ花粉の飛散数から今後更新することに致します。

一言で言えば来年は平年並みかやや少ない程度で、2010年春は大飛散ではないが、2009年春が大飛散だったため、発症はやや強いと予測している。決して油断はできないでしょう。

過去27年間の飛散状況と2010年春の飛散予測

船橋市の過去27年のスギ・ヒノキ科花粉飛散総数と7月中旬から8月上旬の最高気温と日射量の平均値との相関 から得られた予測式による2010年の飛散予測です。

(1).最高気温からの予測

予測式 Y=549.53X-13941.31 (r=0.62)

Xに29.5を代入、 Y=2270

(2).日射量からの予測

Y=426.77X-4158.28(r=0.63)

Xに14.3を代入、  Y=1945

 

∴(1)、(2)の平均値をとって Y=2108個

 

 

 

 

2009予測

ページの先頭へ戻る最新データ過去の実測データ飛散数グラフ一覧花粉症Learningのトップページへ