千葉県船橋市における2006年のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数のまとめ

 東邦大学 薬学部 生物学教室
佐橋 紀男

スギ花粉

1月から4月までの総飛散数の比較

船橋市
旭市
富里市
木更津市
鴨川市
ダーラム型
ISロータリー型
バーカード型
ダーラム型
ダーラム型
ダーラム型
ダーラム型
785
3320
1940
375
2933
1382
732

D型での船橋の総飛散数は最大の富里の約20%で、これは例年より少なめであった。

また昨年の秋に予測した予測値の下限に相当したが、旭は予想の1/2だった。

上記5地点平均飛散数は1240個で千葉県の今年の平均飛散数とする。

ヒノキ科花粉

1月から4月までの総飛散数の比較

船橋市
旭市
富里市
木更津市
鴨川市
ダーラム型
ISロータリー型
バーカード型
ダーラム型
ダーラム型
ダーラム型
ダーラム型
110
345
156
30
158
110
169

船橋を規準にすると、最大は鴨川が150%、しかし旭では27%の少なさであった。

D型だけの5地点平均値は115個, これを千葉県の平均飛散数とする。

スギ花粉の平均飛散数が1050個なのでスギ+ヒノキ科花粉の総飛散数は1165個となる。

総飛散数に対するヒノキ科花粉の割合は10%に留まった。

ページの先頭へ戻る最新データ過去の実測データ飛散数グラフ一覧花粉症Learningのトップページへ