東邦大学 理学部
情報科学科
山内 長承
   | TOP | e-learning基礎知識 | ビデオアーカイブ | WBT | 教材の開発 | プロフィール |

1.東邦大学理学部での試み

東邦大学システムの特色

手間をかけない

  • 教室での授業を全てビデオ化して、学生に提供できる。
  • 撮影はすべて自動化する。
    • 備付のカメラ、ガンマイクを使用する。
    • スケジュールタイマーで撮影したビデオのエンコーダを稼動させる。

  ▲以上の実現により以下のことを実現する。▼  


  • 講義ビデオアーカイブ製作過程における教員の負担を極力抑える。
  • 講義後、完全自動化によりビデオアーカイブ化、ネットワーク配信が可能となる。

テクニカル環境

カメラ カメラ
:固定、監視用カメラ、広角レンズ(15教室に設置)
ガンマイク ガンマイク
:ワイヤレスマイク等は使わない教員もいるため(15教室に設置)
エンコーダ エンコーダ
:15教室分 ⇒15台のPC、Windows Media Encoder
  スケジュールタイマドリブン(制御PC)
  データサイズ
:320x240x30fps/300kbpsで180MB、半年で400GB
640x480x10fps/800Kbpsで480MB 、半年で1TB

この環境が持つ欠点

  • 固定カメラ・マイクの採用により
    • 人の動きを追えない(追跡・ズームができない)
    • マイクが声の追跡が出来ない
  • スケジューリングに柔軟性がない
    • 授業の開始終了時刻が事前にプログラムされているため、開始時間が遅れた場合何もない画面が続き、授業が延長された場合は収録が途中で終了してしまう。
  • 休講や授業時間内の試験でも自動的に収録作成される。
  • 授業時間内の余計な部分(話の脱線や、学生を叱っているところなど)も収録されてしまう。


前頁へ 次頁へ