ここでクリア
ここでクリア
  • 検索
  • OPAC

ここでクリア

電子ジャーナル / 電子ブック


 タイトル・ISSN/ISBN検索

お探しの資料種別で絞込み検索ができます:
すべて | 電子ブック | 電子ジャーナル | その他
★ お探しの論文の巻号や掲載ページが判明している場合は Citation Linkerから検索できます。

 アルファベット順タイトルリスト

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0-9Korean/Others

日本語タイトル (和雑誌)
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

 DOI・PubMed ID検索

DOIとは?  Example DOI: 10.1103/PhysRevD.15.2752
PubMedとは?   Example PubMed ID: 32881

 分野別タイトルリスト



 MeSHカテゴリーで検索



 出版社サイトから探す

出版社サイト(プラットフォーム)リスト
ScienceDirectやCiNiiなど提供元サイトのトップページから探す

お知らせ

過去のお知らせ

電子リソースのご利用にあたって

電子ジャーナルの適切な利用について
Pay Per View(PPV)利用について

電子ジャーナルの適切な利用について

東邦大学メディアセンターで提供している電子ジャーナルは,契約に基づいてその使用が許可されています。しかし,提供元に不適切と見なされる行為が続きますと,その個人だけでなく大学全体の利用停止措置がとられる場合があります。
意図的でなくとも機械的には不正利用(大量ダウンロード)と判断されることもありますので,ご利用の際は以下の点を注意の上,適切な利用をお願いいたします。

◆ 大量ダウンロードをしないでください
  • 論文全文を保存,印刷等しなくても,画面上に表示させただけで1ダウンロードとなります。まずは抄録で必要な論文かを確認してください。
  • 同一雑誌の1号分を表示・ダウンロード,別の日に続きの1号分を表示・ダウンロードするなどの行為も,大量ダウンロードとみなされます。
  • 同一雑誌の論文を,短時間に,大量に,表示・ダウンロードしないでください。
  • 自動ダウンロード機能を使って利用しないでください。
  • 表示・ダウンロードのクリックは一回のみとし(シングルクリック),容量の大きなファイルの場合はダウンロード完了までそのままお待ちください。
  • Microsoft Edgeでメディカルオンラインを利用する際,「ページ先読み機能」が大量ダウンロードを引き起こす可能性があります。先読み機能は以下の設定により無効にすることが可能です。

    Microsoft Edgeでメディカルオンラインを利用している方へ

◆ 個人の学習・研究目的で利用してください
  • 個人の学習・研究以外の目的で利用することは禁止されています。

◆ 第三者への再配布はできません
  • 利用は本学の構成員である学生および教職員のみ認められています。
  • 第三者への印刷物の配布,電子ファイルでの送信は禁止されています。

いつでもどこからでもアクセスできる便利さがある反面,1冊を丸々読めないなど,印刷版と同じようには使えない不便さもあります。
適切な使い方を知ったうえで,ご活用ください。



Pay Per View(PPV)利用について

Elsevier社の電子ジャーナルScienceDirectとNature社、Wiley社(試験運用)発行の電子ジャーナルについては、契約している雑誌以外でもPay Per View(以下PPV)として論文単位で利用できます。
1回利用するごとに料金(約1,850円)が徴収されます。論文全文を画面に表示するだけで課金されますので、まず抄録を読んで適切な利用をお願いします。現在、費用はメディアセンター予算でまかなっております。

PPVを利用できない雑誌は以下をご覧ください。

詳しくは以下をご覧ください。


データベース一覧

最終更新日:2019/04/10


東邦大学で利用できるデータベースの一覧です。
※並び順 和文表記:50音順,アルファベット表記: ABC順

データベース名 おもな
主題分野
利用範囲 同時
アクセス数
データベース
概要
データベース
詳細
TOHO Search
で検索される
朝日新聞記事データベース 聞蔵競咼献絅▲一般学内限定1朝日新聞記事データベースで、朝日新聞1985〜、週刊朝日・AERAの全文を検索可能。また、朝日新聞縮刷版昭和戦後紙面データベース(1945〜1989)と現代用語事典 知恵蔵も収載。-
医中誌Web医学学外利用可(要認証)制限なし医中誌刊行会が提供する,医学及び関連分野の文献データベース。国内発行雑誌を対象に,1970年以降,約6,000誌以上の論文情報を収載。More Info
化学書資料館化学学内限定制限なし日本化学会が編纂する,国内で出版された化学書の統合データベース。日本化学会の編集による専門書・便覧・辞典147冊,約83,300ページ相当の情報を収載。More Info×
系統別看護師国家試験問題WEB看護学看護学部用教員用:3,学生用:制限なし医学書院が提供する,看護師国家試験データベース。10年分の過去問題,模擬問題,解答解説,参考資料を収載。More Info×
習志野キャンパス用教員用,学生用:制限なし
厚生労働科学研究成果データベース医学学外利用可制限なし国立保健医療科学院が運営する,科研費研究報告書データベース。厚生労働科学研究費補助金等で実施した研究報告書の概要版(抄録)および報告書本文を収載。(無料公開)-×
今日の診療WEB版医学学内限定5医学書院が提供する電子ブックポータル。「今日の治療指針」「医学大辞典」ほか,医学書院発行の医学図書12タイトルを収載。-×
最新看護索引Web看護学学内限定13日本看護協会が提供する,看護及び関連分野の文献データベース。国内発行雑誌を対象に,1987年以降,約845誌の中から看護の実践・研究・教育に関する論文情報を収載。More Info×
ジャパンナレッジ一般学外利用可(要認証)4ネットアドバンスが提供する,インターネット百科事典。「日本大百科全書」をはじめ,約50種類の辞事典,叢書,雑誌を収載。-
東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース医学学外利用可制限なし東邦大学医学メディアセンター及び医学中央雑誌刊行会が共同提供する診療ガイドライン情報データベース。国内の学協会などで作成された診療ガイドライン情報約2,500件を収載。(無料公開)More Info
ナーシング・スキル日本版看護学学外利用可(要認証)制限なしエルゼビア社が提供する,看護手順を確認・習得するための日本語オンラインツール。看護手順を映像付きで収載。学内から利用する際も学外同様のログインが必要。More Info×
日経BP記事検索サービス一般学外利用可(要認証)制限なし日経BP社が発行する「日経ビジネス」「日経ベンチャー」「日経コンピュータ」など約40誌のバックナンバー記事を検索して,記事全体を閲覧できるサービスです。年間利用可能記事本数は上限あり(上限に達した際年度の途中でも利用ができなくなります)More Info
メディカルオンライン「くすり」データベース薬学学外利用可制限なし国内に流通している医療用薬,一般薬の添付文書情報(月一回更新)を検索可能。また,医療用薬添付文書の「主要文献」からメディカルオンラインへのリンクも設定。-×
メディカルオンライン「プロダクト」データベース医療機器学外利用可制限なし医学文献に関連するコンテンツとして,医療機器のカタログ情報約10万点を掲載。カテゴリ別,診療科目別の検索が可能。また,医療現場が注目する医療製品の特集記事もシリーズで配信。-×
理科年表自然科学学内限定制限なし国立天文台が編纂する,科学の全分野を対象としたデータブック。暦部,天文部,気象部,物理/化学部,地学部,生物部,環境部,附録で構成。More Info×
CINAHL看護学学外利用可(要認証)4Cinahl Information Systemsが作成する,看護学分野の文献データベース。海外発行雑誌を対象に1982年以降,3,000誌以上の論文情報を収載。More Info
CiNii自然科学学外利用可制限なし国立情報学研究所が提供する,国内学術雑誌を対象とした文献データベース。More Info
ChemSpider化学学外利用可(要認証)制限なしChemSpiderはRSCが提供する無料の構造式ベースのデータベース。282のデータソースから64百万のデータを構造式、物質名等から検索が可能。RSJの電子ジャーナルやWikipediaなど関連データリソースへのリンクや研究データのデポジットも可能(要登録)。  ×
The Cochrane Library医学学外利用可(要認証)制限なし国際的な医療評価プロジェクトであるコクラン共同計画が発行する,システマティック・レビューを対象としたデータベース。More Info×
D-1 Law法律学内限定制限なし第一法規が提供する,法情報総合データベース。法令,判例,文献情報を体系に分類・整理。憲法から告示まで2万9千件余の法令,約19万件の判例とその要旨・解説情報,また約50万件の文献情報等を収載。-×
EndNote Basic文献管理学外利用可(要登録)制限なし Thomson Reuters社が提供するWebベースの文献管理ツールです。製品版EndNoteの簡略版となっています。More Info
INIS Collection Search原子力学外利用可制限なし国際原子力開発機構(IAEA)が加盟国の協力により作成する,原子力関連分野の文献情報データベース。 (無料公開)-×
iyakuSearch薬学学外利用可制限なし日本医薬情報センター(JAPIC)が提供する,国内外の医薬品の有効性・安全性をまとめたデータベース。(無料公開)More Info×
JDream III自然科学学内限定10ジー・サーチが提供する,科学技術文献データベース。国内外の科学雑誌を対象に1975年以降,6,000万件以上の論文情報を収載。(※医学情報は1981年から)。ログイン名に指定はありませんので,「toho」など任意でご入力ください。More Info×
inCites Journal Citation Reports(JCR) 学術雑誌学外利用可(要認証)制限なしクラリベイト・アナリティクス社が提供する学術雑誌評価データベース。個々の学術雑誌の年間引用回数や,Impact Factorの調査が可能。More Info×
inCites Essential Science Indicators (ESI) 学術雑誌学外利用可(要認証)制限なしクラリベイト・アナリティクス社が提供するWeb of Scienceから得られる学術論文の出版数と被引用数のデータに基づき、研究業績に関する統計情報と動向データを提供するデータベースです。過去10年間の学術論文を対象に、著者、機関、国、収録雑誌別のランキング情報、 最も引用の多い論文、分野別の平均被引用数、頻繁に共引用されている論文グループなどを調べることができます。(Web of Science検索画面の「追加情報」タブ中の分析ツールからも接続できます)More Info×
magazineplus一般学内限定3日外アソシエーツが提供する,雑誌記事(書誌)データベース。一般誌,専門誌,大学紀要,海外誌紙の記事の検索が可能。「雑誌記事索引」でカバーしていない年報類・論文集についても収録。-×
MathSciNet数学学内限定制限なしAMS(American Mathematical Society:米国数学会)が提供する,世界の数学文献を対象とした書誌・ レビューデータベース。1940年以降の数学・統計分野の雑誌・書籍・会議録情報を収載。More Info×
Minds医学学外利用可制限なし日本医療機能評価機構が運営する,診療ガイドラインサイト。医療従事者向けのガイドラインに加え,一般向けのガイドラインや,ガイドラインの作成方法などを収載。(無料公開)×
MLA International Bibliography文学学内限定1MLA(Modern Language Association)が提供する文学,言語学,民俗学関連の文献データベース。欧米をはじめとした世界各国の出版物を対象に,1926年以降,200万件以上の情報を収録。 More Info×
PsycINFO心理学学内限定制限なしAPA(American Psychological Association:アメリカ心理学会ation:アメリカ心理学会)が作成する,心理学関連文献データベース。従量制(検索や検索結果のプレビューは無料。詳細表示やダウンロード,エクスポートは課金対象)で,メディアセンター予算の支払いとなっている。More Info×
PubMed【東邦版】医学学外利用可制限なし米国国立医学図書館が提供する,医学関連文献データべース。1949年以降の世界の5,600誌以上の文献を収録。当センターからリンクしている東邦大学専用URLにアクセスすると,検索結果に東邦アイコンが表示され,電子ジャーナルや所蔵の有無について確認が可能。(無料公開)More Info
Reaxys化学学内限定制限なしエルゼビア社が提供する,化学反応情報と実測物性値を収録した世界最大級の反応・化合物データベースMore Info×
RefWorks文献管理学外利用可(要登録・認証)制限なしProQuest社が提供する,Webベースの文献情報管理・論文作成支援ツール。More Info×
SciFinder 化学学外利用可(要申請)制限なしアメリカ化学会(ACS)のCAS(Chemical Abstracts Service) が提供する,化学物質情報データベース。国内外10,000誌以上の論文(1808年以降),特許情報,構造検索が可能な5,000万以上の化学物質情報(1907年以降)を収載。利用にはユーザー登録が必要。More Info×
TOHO Search一般学外利用可(※)制限なし東邦大学が契約している電子ジャーナル,電子ブック,データベースや,フリーで公開されている学術情報などを,まとめて検索するデータベース。(※学外からの検索結果に,契約資料の情報は含まれない)More Info
UpToDate 【Anywhere】医学学外利用可 (要登録)制限なしUpToDate社が提供する臨床支援ツール。「臨床で遭遇する疑問に答える」ことを念頭に,19の医学専門分野から9,000以上の臨床上のトピックス,385,000以上の抄録,薬剤情報及び患者情報を収録。 More Info×
Web of Science自然科学学外利用可(要認証)制限なしトムソン・ロイターが提供する,引用文献検索機能を備えた,自然科学分野の学術文献データベース。東邦大学では1970年以降,誌約12,000誌の論文情報が利用可能。本学ではBIOSIS Citation IndexやDerwent Innovations Index等のデータベースを含むCitation Connectionがご利用いただけます。More Info

↑ ページの先頭にもどる

学外から電子リソースを使う

最終更新日:2019/03/22


東邦大学で契約している電子リソース(電子ジャーナル・電子ブック・データベース・文献管理ソフト)の一部は,ご自宅や出向先など,学内LANに接続されていないパソコンからでもご利用いただけます。
※並び順 和文表記:50音順,アルファベット表記: ABC順

データベース,文献管理ツール

区分 データベース名 利用方法 提供元 備考
DB医中誌WebClick医学中央雑誌刊行会シボレス認証
DBジャパンナレッジLibClickネットアドバンスシボレス認証
DBナーシング・スキル日本版ClickElsevier Japanシボレス認証
DBCINAHL / MLA International BibliographyClickEBSCOシボレス認証
DB/EJCiNii Articles Click国立情報学研究所(National Institute of Informatics)シボレス認証(※Lin@東邦大学が表示されるようになります)
DBThe Cochrane Library(※Wileyと同一プラットフォーム))ClickWileyシボレス認証
文献管理EndNote BasicClickThomson Reuters Email,パスワード方式/シボレス認証
DBJournal Citation Reports(JCR)ClickThomson Reuters シボレス認証
DBReaxysClickElsevier シボレス認証
文献管理RefworksClickProQuestシボレス認証(要:事前登録)
DBSciFinderClickAmerican Chemical SocietySSL-VPN接続
DBTOHO SearchClickProQuest認証の必要はないが,学外からの検索結果に,契約資料の情報は含まれない。
DBWeb of ScienceClickThomson Reuters シボレス認証

↑ ページの先頭にもどる

電子ジャーナル,電子ブック

区分 プラットフォーム名 利用方法 提供元 備考
EJ 医書.jp オールアクセス Click 医書ジェーピー株式会社 シボレス認証
EJ 南江堂オンラインJournal(PierOnline) Click 南江堂 シボレス認証
EJ Cambridge Journals Click Cambridge University Press シボレス認証
EJ Bone & Joint Journal(Atypon) Click Bone & Joint Publishing シボレス認証
EJ IOP(Institute of Physics) Science Journals Click Institute of Physics Publishing シボレス認証
EJ Journal@Ovid(Lippincott Williams & Wilkins Jounrals) Click Ovid シボレス認証
EJ Karger Journals Click S. Karger Publishers シボレス認証
Ebook Maruzen eBook Library Click 丸善 シボレス認証
EJ メディカルオンライン Click メテオ シボレス認証
EJ Nature Publishing Group OnlineJournals Click Nature Publishing Group シボレス認証
EJ RSC(Royal Society of Chemistry) Journals Click Royal Society of Chemistry Publishing シボレス認証
EJ/Ebook Science Direct Click Elsevier シボレス認証
EJ SpringerLink Click Springer シボレス認証
EJ Wiley Online Library Click Wiley シボレス認証

↑ ページの先頭にもどる

シボレス認証について

 共通のIDとパスワードで, 複数サービスを利用できる仕組み(シングルサインオン)です。一度ログインすると,ブラウザを閉じるまで認証が継続するので,対応している他のサービスを使った場合,IDとパスワードを再度入力する必要がありません。
 この仕組みを利用することで,学外からでも,東邦大学が契約している電子リソースを利用することができます。
 基本的な利用の流れは以下のようになっています。
(1) 各サイトにアクセス
(2) [ Login ]ボタンをクリック(ボタンの位置や表示はサイトごとに異なります)
(3) 認証方法を選択(Shibboleth,シボレス,Gakunin,学認などと表記されています)
(4) 国名と大学名を選択
(5) WebmailのログインIDとパスワードを入力し、ログイン
 詳細な利用方法はサイトごとに異なりますので,個別の利用方法でご確認ください。

↑ ページの先頭にもどる

お問い合わせ

ご不明の点など、お問い合わせは下記までお願いいたします。
(受付時間:平日9:00〜17:00)

医学メディアセンター
情報サービス部門
03-3762-4151(代表) 内線:2443
大橋病院図書室 03-3481-8478(直通)
佐倉病院図書室 043-462-8811(代表) 内線:2713
看護学部図書室 03-3762-9215(直通)
習志野メディアセンター
情報サービス部門
047-472-9412(直通) 内線:5207

↑ ページの先頭にもどる

文献管理ツール

更新日:2019/4/15

I.文献管理ツールとは
II.Refworks
 1.Refworksとは
 2.【重要】新Refworksへの移行について
 3.現行RefWorksから新Refworksへの移行方法
  3-1.ユーザーネーム, パスワードでログインしている場合
  3-2.Shibboleth認証でログインしている場合
 <新RefWorks>
 4.新規登録(新RefWorks)
  4-1.ユーザーネーム, パスワードでログインする(新RefWorks)
  4-2.Shibboleth認証でログインする(新RefWorks)
  4-3.ユーザーネーム, パスワードをShibboleth認証に切り替える(新RefWorks)
 5.Alternate Password
  5-1.Alternate Passwordとは
  5-2.Alternate Password変更方法
 6.FAQ(新RefWorks)
 7.マニュアル(新RefWorks)
 <現行RefWorks>
 8.新規登録(現行RefWorks)
  8-1.ユーザーネーム, パスワードでログインする(現行RefWorks)
  8-2.Shibboleth認証でログインする(現行RefWorks)
  8-3.ユーザーネーム, パスワードをShibboleth認証に切り替える(現行RefWorks)
 9.データのバックアップと復元方法(現行RefWorks)
 10.卒業生・退職者プログラム(現行RefWorks)
  10-1.ユーザーネーム, パスワードでログインしている場合
  10-2.Shibboleth認証でログインしている場合(方法1.アカウント情報を変更する)
  10-3.Shibboleth認証でログインしている場合(方法2.アカウントデータを移行する)
 11.マニュアル(現行RefWorks)
III.EndoNote Basic(機関版)
 1.EndoNote Basic(機関版)とは
 2.アカウントの新規作成
 3.学外からの利用
 4.マニュアル
IV.お問い合わせ

I.文献管理ツールとは

収集した文献情報を効率的に管理するための電子ツールです。データベースの検索結果を保存したり,論文やレポートを執筆する際に,引用文献リストを自動作成することができます。
東邦大学では,代表的な文献管理ツールであるRefWorksと契約を結んでいます。この他,Web of Scienceの契約付随サービスであるEndNote Basic(※製品版EndNoteの簡略版)も利用できます。

↑ ページの先頭にもどる

II.Refworks

1.RefWorksとは

ProQuest社が提供するWebベースの文献情報管理・論文作成支援ツールです。利用に際し, アカウントの作成が必要です。

↑ ページの先頭にもどる

2.【重要】新RefWorksへの移行について

RefWorksが新しくなります。新RefWorksでは, これまでにない機能が追加され, より使いやすく進化しています。

 ・PDFファイルのドラッグ&ドロップによる本文と書誌の取り込み
 ・保存データの容量無制限
 ・シンプルで直感的な画面
 ・添付ファイルへのハイライト, コメント機能
 ・Google DocsやDropBoxとの連携 等

現行RefWorksをご利用の方は, データの移行作業をしていただくことにより新RefWorksをご利用できます。
現行RefWorksにログイン後, データの移行作業をお願いします。

データの移行には多少お時間がかかる場合があります。ご了承ください。
移行方法でご不明な点がありましたら, お問い合わせください。

なお,現行RefWorksはしばらくの間ご利用いただけますが(終了時期未定),今後メディアセンターでは,講習会等でRefWorksを紹介する際は,新RefWorksを対象に紹介いたします。予めご了承ください。

↑ ページの先頭にもどる

3.現行RefWorksから新RefWorksへの移行方法

現行RefWorksでユーザーネーム, パスワードでログインしている場合と, Shibboleth認証でログインしている場合とでは, 移行方法が異なります。
以下の移行手順をご参考に移行をお願いいたします。

↑ ページの先頭にもどる

3-1.ユーザーネーム, パスワードでログインしている場合

1) 現行RefWorksにログインします。
画面左上の, “Move to the newest version of RefWorks from ProQuest”をクリックします。
現行RefWorksのアカウントのデータは, フォルダや添付資料も含めて新しいバージョンへ引き継がれます。
保存しているデータの量や通信環境などにより, 引継ぎに時間がかかる場合があります。
※データの移行中にブラウザを閉じても移行は継続されます。



2) 表示される登録画面に, 現行のRefWorksのアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。
「サインアップ」をクリックします。



3) 氏名を空欄に入力し, プルダウンから所属を選択します。
「次へ」をクリックします。



4) 「Save to RefWorks」のチュートリアルを確認し「次へ」をクリックします。
※チュートリアルが不要の場合には「チュートリアルをスキップ」をクリックしてください。



5) PDFの共有機能・注釈機能のチュートリアルを確認し「次へ」をクリックします。
※チュートリアルが不要の場合には「チュートリアルをスキップ」をクリックしてください。



6) WordまたはGoogle Docsとの連携に関するチュートリアルを確認し「終了」をクリックします。



7) アカウントの移行が完了し, 新RefWorksの画面が表示されます。
※レコードやフォルダの移動に時間がかかる場合があります。
なお, データの移行中にブラウザを閉じても移行は継続されます。



8) 新RefWorksのログインURLはhttps://refworks.proquest.com/になります。
ブラウザの「お気に入り」に古いURLを登録されている場合には, 上記URLへの登録の変更をお願いいたします。

9) 医中誌Web等, 文献検索データベースからダイレクトエクスポートでRefWorksに文献情報を保存する場合, 「新しいRefWorksにエクスポート」を選択してください。

↑ ページの先頭にもどる

3-2.Shibboleth認証でログインしている場合

1) 学内の端末からRefWorksにアクセスし, 自分の機関の資格情報(Shibboleth)から, Toho Universityを選択します。



2) Webメールを利用する時のIDとパスワードを入力し「Login」をクリックします。



3) ”Move to the newest version of RefWorks from ProQuest”をクリックしてください。



4) 新RefWorksの画面で, メールアドレスを入力してください。
5) 任意のパスワードを設定してください(※「5.Alternate Passwordについて」参照)
6) プライバシーポリシーに同意をしていただき, チェックを入れたら, 「サインアップ」をクリックしてください。



7) その後の手順は, 新しいアカウントの必要事項(氏名, 役職など)を入力し, チュートリアル画面の確認あるいはスキップしてご利用可能になります。

↑ ページの先頭にもどる

4.新規登録(新RefWorks)

はじめて利用される方は, 利用者登録を行ってください。
ログイン方法には, 以下の2種類の方法があります。お好きな方法で利用者登録を行ってください。

  • 4-2.Shibboleth認証でログインする(新RefWorks)
    <メリット>
    • Webメールと同じID, パスワードでログインができます。
    • Shibboleth認証に対応している電子ジャーナルやデータベース等の他のサービスで一度ログインしておくと, ブラウザを閉じるまで認証が継続するのでIDとパスワードを再度入力する必要なく利用できます。
    <デメリット>
    • 卒業, 退職時に設定変更を行う必要があります。

↑ ページの先頭にもどる

4-1. ユーザーネーム, パスワードでログインする(新RefWorks)

1) 学内の端末から新RefWorksにアクセスし, 「アカウントを作成する」をクリックする。



2) 大学の電子メールを入力の上「チェック」をクリックします。



3) パスワードを入力の上「サインアップ」をクリックします。



4) 登録確認メールが送信されますので, 電子メールを確認し有効化リンクをクリックします。



5) 全項目を入力して「次へ」をクリック, チュートリアルを終了すると登録完了です。



↑ ページの先頭にもどる

4-2.Shibboleth認証でログインする(新RefWorks)

  • ログインにはネットワークセンターが配布しているIDとパスワードが必要です。
  • 東邦大学のWebMailと同じIDとパスワードになりますが, ご不明の場合はネットワークセンターにお問い合わせください。
  • 東邦大学のWebMailのアカウントをお持ちでない場合は, ご所属のメディアセンター・図書室までお問い合わせください。

1) 学内の端末から新RefWorksにアクセスし, 自分の機関の資格情報(Shibboleth)から, Toho Universityを選択します。



2) Webメールを利用する時のIDとパスワードを入力し「Login」をクリックします。



3) 大学のメールアドレスを入力し「はい, 同意します。アカウントを作成します。」をクリックします。



4) 全項目を入力して「次へ」をクリック, チュートリアルを終了すると登録完了です。
Passwordの入力が求められた場合には任意のパスワードを新規で登録してください(※「5.Alternate Passwordについて」参照)。



5) 入力したメールアドレスに登録内容が送付されます。

↑ ページの先頭にもどる

4-3.ユーザーネーム, パスワードをShibboleth認証に切り替える(新RefWorks)

ユーザーネーム, パスワードでログインしているアカウントをShibboleth認証に切り替えることができます。ただし, Shibboleth認証に切り替えるとユーザーネーム, パスワードでログインできなくなりますのでご注意ください。

1) 新RefWorksの画面右上のアカウント名をクリックして「設定」をクリックします。



2) 機関の認証情報の「認証情報を関連付ける」をクリックします。



3) Shibboleth認証システムのログイン画面が開きますので, ユーザ名とパスワードを入力の上「login」をクリックします。



4) 「お帰りなさい!あなたのアカウントは現在, あなたの機関のログインに関連付けられています。」と表示され, 次回以降Shibboleth認証でログインできるようになります。



↑ ページの先頭にもどる

5.Alternate Password

5-1.Alternate Passwordとは

現行RefWorksから新RefWorksに移行する際にShibboleth認証で移行する際や, 新RefWorksで新規アカウントを作成する際に, パスワードの設定を求められます。
このパスワードは「Alternate Password」と呼ばれるパスワードです。
現行のRefWorksではShibboleth認証でアカウントを作成した際に自動的にユーザーネームとパスワードが付与されますが, Alternate Passwordはその現行のRefWorksのパスワードとは別のものです。
Alternate Passwordは, 以下の場合に必要となります。

  • RefWorks Citation Manager(※)やRefWorks for Google Docsなどの付属ソフトウェアにログインをする場合
    ※RefWorks Citation Managerの場合には, Usernameの欄にメールアドレスを, Passwordの欄にAlternate Passwordを入力してログインしてください
  • 卒業や所属先の変更等により, Shibboleth認証が使えなくなった場合(※)
    ※この場合にはhttps://refworks.proquest.com/にアクセスし, ‥纏劵瓠璽襪鉢Alternate Passwordを入力してログインをしてください。

なお, 新RefWorksにログインをする際には, AlternatePasswordの入力は必要ありません。



5-2.Alternate Password変更方法

1) 新RefWorksの画面右上のアカウント名をクリックして「設定」をクリックします。



2) 「別のパスワードを設定」をクリックして変更できます。



↑ ページの先頭にもどる

6.FAQ(新RefWorks)

Q.1レコードあたりに添付できるファイルの上限があったら知りたい。
A.20MB以上は「推奨」しません。

Q.データ移行後に文字化けが発生してきちんと使えない状態になってしまった。
A.お手数ですがusernameをご連絡ください。バックアップデータをRefWorks側で修正することができます。

Q.iPadによって新RefWorksが使えたり使えなかったりする。
A.フルブラウザ対応のipadであれば利用が可能です。ブラウザのバージョンによって利用できない場合があります。

Q.対応ブラウザについて。
A.対応ブラウザは以下の通りです。
・Internet Explorer Version 10.0 or later (Windows only, switch to the latest version for a better experience)
・Microsoft Edge
・Latest versions of Firefox (Windows, Mac and Linux)
・Latest versions of Safari (Mac)
・Latest versions of Google Chrome

↑ ページの先頭にもどる

7.マニュアル(新RefWorks)

  • 新RefWorksでのシボレス認証について
    1.新RefWorksのログイン画面からアカウントを作成する
    2.Alternate Passwordについて(新RefWorksのログイン画面からアカウントを作成した場合)
    3.Q. シボレス認証を経由せずに作成したアカウントを, シボレス認証でログインできるようにするには?
    4.現行のRefWorksからシボレス認証でログイン→新RefWorksへ移行
    5.Alternate Passwordについて(現行のRefWorksからシボレス認証でログイン→新RefWorksへ移行した場合)
  • 新RefWorks日本語ユーザーガイド
    1.RefWorksを使い始めるには
    2,RefWorksに情報を取り込む
    3.フォルダで整理する
    4.レコードを編集, 検索, 管理する
    5.参考文献リストを作成する
    6.情報を共有する
  • RefWorks Citation Managerご利用ガイド
    1.参考文献リストとは?
    2.RefWorksを使って参考文献リストを生成するには
    3.付属ツールについて
    4.WordでRefWorks Citation Managerを使って生成する

↑ ページの先頭にもどる

8.新規登録(現行RefWorks)

はじめて利用される方は, 利用者登録を行ってください。
ログイン方法には, 以下の2種類の方法があります。お好きな方法で利用者登録を行ってください。

  • 8-2.Shibboleth認証でログインする(現行RefWorks)
    <メリット>
    • Webメールと同じID, パスワードでログインができます。
    • Shibboleth認証に対応している電子ジャーナルやデータベース等の他のサービスで一度ログインしておくと, ブラウザを閉じるまで認証が継続するのでIDとパスワードを再度入力する必要なく利用できます。
    <デメリット>
    • 卒業, 退職時に設定変更を行う必要があります。

↑ ページの先頭にもどる

8-1. ユーザーネーム, パスワードでログインする(現行RefWorks)

1) 学内の端末からRefWorksにアクセスし, 「新規アカウントを申し込む」をクリックする。



2) 画面上部に「次でアカウントを作成 Toho University」と表示されていることを確認の上, 必要事項を入力します。



3) 全項目を入力して「アカウントを作成」をクリックすると登録完了です。



4) 入力したメールアドレスに登録内容が送付されます。

↑ ページの先頭にもどる

8-2.Shibboleth認証でログインする(現行RefWorks)

  • ログインにはネットワークセンターが配布しているIDとパスワードが必要です。
  • 東邦大学のWebMailと同じIDとパスワードになりますが, ご不明の場合はネットワークセンターにお問い合わせください。
  • 東邦大学のWebMailのアカウントをお持ちでない場合は, ご所属のメディアセンター・図書室までお問い合わせください。

1) 学内の端末からRefWorksにアクセスし, 自分の機関の資格情報(Shibboleth)から, Toho Universityを選択します。



2) Webメールを利用する時のIDとパスワードを入力し「Login」をクリックします。



3) 大学のメールアドレスを入力し「次へ」をクリックします。



4) 全項目を入力して「アカウントを作成」をクリックすると登録完了です。



5) 入力したメールアドレスに登録内容が送付されます。

↑ ページの先頭にもどる

8-3.ユーザーネーム, パスワードをShibboleth認証に切り替える

ユーザーネーム, パスワードでログインしているアカウントをShibboleth認証に切り替えることができます。ただし, Shibboleth認証に切り替えるとユーザーネーム, パスワードでログインできなくなりますのでご注意ください。

1) 学内の端末からRefWorksにアクセスし, 自分の機関の資格情報(Shibboleth)から, Toho Universityを選択します。



2) Webメールを利用する時のIDとパスワードを入力し「Login」をクリックします。



3) 「Link an existing RefWorks account to these institutional credentials」をクリックします。



4) 現在使用しているユーザーネーム, パスワードを入力し「アカウントのリンク」をクリックすると切り替えが完了します。



↑ ページの先頭にもどる

9.データのバックアップと復元方法(現行RefWorks)

トライアル環境のバックアップデータを本番環境でも利用したい場合は, 本番環境でバックアップデータを復元する必要があります。
詳しくは「データのバックアップと復元方法」をご覧ください。

↑ ページの先頭にもどる

10.卒業生・退職者プログラム(現行RefWorks)

RefWorksは卒業・退職後もお使いいただくことができます。

↑ ページの先頭にもどる

10-1.ユーザーネーム, パスワードでログインしている場合

1) RefWorksの「プロフィール更新」にて, メールアドレスを卒業・退職後お使いになるアドレスに変更します。
卒業される方はユーザータイプを「Alumni」に変更します。



↑ ページの先頭にもどる

10-2.Shibboleth認証でログインしている場合(方法1.アカウント情報を変更する)

1) 学内ネットワークから以下のURLにアクセスしてください。
https://www.refworks.com/

2) シボレス経由のアカウントのログイン名とパスワードを入力して, ログインをしてください。
※アカウント情報がわからない場合には「ユーザーネームかパスワードをお忘れですか?」でパスワードの再設定が可能です。
※もしGroup Codeの入力が求められましたら, "RWTohoU"を入力してください。

3) ログインが完了しましたら, 「プロフィール更新」からパスワードとログイン名, メールアドレスを卒業・退職後お使いになるアドレスに変更します。
卒業される方はユーザータイプを「Alumni」に変更します。

↑ ページの先頭にもどる

10-3.Shibboleth認証でログインしている場合(方法2.アカウントデータを移行する)

上述の手順で登録情報の変更ができない場合には, アカウントのログイン名等の情報が固定されて変更できなくなっている可能性があります。
この場合には新規アカウントの作成と, そのアカウントへのデータの移行を行ってください。

1) 現行のアカウントでログインし, データのバックアップを取得します。
メニューバーのツールから「バックアップと復元」を選択します。


2) 「バックアップ」をクリックします。
レコード/RSS/添付ファイルからバックアップを取るものにチェックを入れます。
「バックアップの実行」をクリックします。


3) 学内ネットワークから以下のURLにアクセスし, 新しくアカウントを作成します。
ユーザータイプは「Alumni」に設定してください。
https://www.refworks.com/

4) 新しいアカウントに1)で取ったバックアップ内容を復元します。



↑ ページの先頭にもどる

11.マニュアル(現行RefWorks)

↑ ページの先頭にもどる

III.EndoNote Basic(機関版)

1.EndoNote Basic(機関版)とは

「EndNote basic(エンドノート ベーシック)」とは, Clarivate Analytics社が提供する文献管理・論文執筆支援ツールです。
論文執筆に必要な文献を管理し, 引用文献リストを簡単に作成できます。
東邦大学ではWeb of Scienceを導入しており, これに付帯した導入機関向けのものを利用できます。
デスクトップ版の「EndNote」, およびWeb of Scienceに付帯しない無料公開版の「EndNote basic」とは別物です。
機関版は無料公開版に比べて, 引用文献リスト作成時に使えるスタイルが多い等の違いがあります。
利用に際し, アカウントの新規作成が必要です。

↑ ページの先頭にもどる

2.アカウントの新規作成

はじめてEndNote Basicを利用する際は, 学内の端末からアカウントの作成が必要です。

1) 学内の端末から https://access.clarivate.com/#/login?app=endnote にアクセスします。
2) 「Register」をクリックし, 必要事項を入力の上「Register」をクリックします。

↑ ページの先頭にもどる

3.学外からの利用

  • 学外からの利用:可
    (※利用環境に学内/学外の区別なし。Username/Password方式)

↑ ページの先頭にもどる

4.マニュアル

↑ ページの先頭にもどる

IV.お問い合わせ

ご不明の点など, お問い合わせは下記までお願いいたします。
(受付時間:平日9:00〜17:00)

医学メディアセンター
情報サービス部門
03-3762-4151(代表) 内線:2443
大橋病院図書室03-3468-1251(代表) 内線:3602)
佐倉病院図書室043-462-8811(代表) 内線:2713
看護学部図書室03-3762-9215(直通)
習志野メディアセンター
情報サービス部門
047-472-9412(直通) 内線:5207

↑ ページの先頭にもどる