東邦大学へ メディアネットセンターへ バーチャルラボラトリへ  
バーチャルラボラトリ 心筋−心臓は電気とカルシウムイオンで動いている!−
東邦大学 薬学部薬物学教室  
田中 光 行方 衣由紀 M口正悟
 | TOP | 心臓に関する基礎知識 | 心臓の電気現象 | 心臓の収縮 | 心筋の普遍性と多様性 | 循環系と血圧 |
 心臓の病気と治療薬 | エホニジピン物語 | プロフィ−ル | 免責事項 |

田中 光 <たなか ひかる> 東邦大学薬学部教授、薬学博士

学会発表 最新−2010年

2016年 

入江雅彦、志村和樹、大塚健太郎、金子美佳、古市龍輝、M口正悟、行方衣由紀、田中光:モルモット脱分極心筋自動能および洞房結節自動能に対するTc群抗不整脈薬の作用評価 日本薬学会第136年会 パシフィコ横浜 2016年3月26-29日

稲垣里紗、山下奈穂、平塚美紗、伊香賀玲奈、田中光、田中直子:ラット膵臓β細胞株INS-1に存在するアクアポリン8の局在と機能 日本薬学会第136年会 パシフィコ横浜 2016年3月26-29日

中川永美夏、大久保舞、服部静香、伊香賀玲奈、田中光、田中直子:小腸上皮細胞に発現するアクアポリン3スプライスバリアントの細胞内局在 日本薬学会第136年会 パシフィコ横浜 2016年3月26-29日

長谷川千織、伊香賀玲奈、田中光、田中直子:ペリリピン4の発現抑制が3T3-L1脂肪細胞の脂肪滴形成およびミトコンドリア形態に与える影響 日本薬学会第136年会 パシフィコ横浜 2016年3月26-29日

 

香取彩、長谷川千織、伊香賀玲奈、田中光、田中直子:C2C12筋冠細胞への分化誘導過程に栄養状態が与える影響 日本薬学会第136年会 パシフィコ横浜 2016年3月26-29日

杉本結衣、M口正悟、伊藤雅方、関由成、冨田太一郎、行方衣由紀、田中光、赤羽悟美:糖尿病モデルマウス心筋におけるカルシウムシグナル制御異常と拡張障害 第93回日本生理学会大会 札幌コンベンションセンター 2016年3月22-24日

入江雅彦、M口正悟、長谷川直生、市毛将、望月颯、下林真梨子、恒岡弥生、行方衣由紀、田中光::モルモット肺静脈心筋自動能に対するアドレナリン受容体拮抗薬の影響 第89回日本薬理学会年会 パシフィコ横浜会議センター 2016年3月9-11日

金江春奈、守能生恵、M口正悟、行方衣由紀、田中光:Streptozotocin誘発性糖尿病マウス肺静脈心筋の電気的性質 第89回日本薬理学会年会 パシフィコ横浜会議センター 2016年3月9-11日

2015年 

M口正悟、小島良輔、田中悠介、守能生恵、市毛将、入江雅彦、恒岡弥生、行方衣由紀、田中光:血管収縮性ペプチドによる心筋の収縮力・自動能の制御 第133回日本薬理学会関東部会 柏の葉カンファレンスセンター 2015年10月10日

相本恵美、福本真利江、田中光、高原章:動静脈瘻による慢性容量負荷がcarbacholで誘発される心房細動に与える影響 第133回日本薬理学会関東部会 柏の葉カンファレンスセンター 2015年10月10日

宍戸葵、M口正悟、行方衣由紀、田中光:モルモット摘出右心室筋の低酸素に対する反応性の発達変化 第133回日本薬理学会関東部会 柏の葉カンファレンスセンター 2015年10月10日

橋本遼、M口正悟、行方衣由紀、田中光:マウス心室筋の筋小胞体およびT管構造の発達変化に関する免疫組織学的研究 第133回日本薬理学会関東部会 柏の葉カンファレンスセンター 2015年10月10日

M口正悟、宍戸葵、行方衣由紀、田中光:モルモット摘出右心室筋の低酸素に対する反応性の発達変化 第24回日本バイオイメージング学会学術集会 東京理科大学葛飾キャンパス 2015年9月26-28日

長谷川千織、伊香賀玲奈、田中光、田中直子:脂肪滴の成熟過程におけるミトコンドリアの役割:ペリリピンが与える影響 第24回日本バイオイメージング学会学術集会 東京理科大学葛飾キャンパス 2015年9月26-28日

小島良輔、M口正悟、行方衣由紀、田中光:マウス心室筋におけるアンジオテンシンUの作用機序解明 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015 東京大学薬学部 2015年8月29日

M口正悟、守能生恵、行方衣由紀、田中光:再分極電流の違いで生じるマウス心室筋のアドレナリンα受容体刺激応答の発達変化 生体機能と創薬シンポジウム2015 日本大学薬学部 2015年8月27-28日

田中光:普通の心臓:再分極電流の違いで生じる自動能と変力反応の多様性 生体機能と創薬シンポジウム2015 日本大学薬学部 2015年8月27-28日

入江雅彦、M口正悟、恒岡弥生、田中愛弓、鶴田將人、中山貴弘、行方衣由紀、灘みづき、相本恵美、高原章、田中光:動静脈瘻ラットにおける肺静脈心筋の電気生理学的性質の検討 第9回先端分子薬理研究会 東邦大学薬学部 2015年8月8日

田中悠介、長谷川直生、小島良輔、入江雅彦、M口正悟、行方衣由紀、田中光:モルモット肺静脈心筋自発活動におけるAngiotensinU、Endothelin-1の作用 第9回先端分子薬理研究会 東邦大学薬学部 2015年8月8日

小島良輔、M口正悟、行方衣由紀、田中光:マウス心室筋のアンジオテンシンUによる陰性変力反応の作用機序および受容体タイプの解明 第132回日本薬理学会関東部会 明海大学浦安キャンパス 2015年7月4日

入江雅彦、M口正悟、行方衣由紀、田中光:モルモット肺静脈心筋異常自動能に対するT群抗不整脈薬の作用評価 日本薬学会第135年会(神戸) 2015年3月25-28日

入江雅彦、M口正悟、行方衣由紀、田中光 :モルモット肺静脈心筋自動能に対する遅延ナトリウム電流遮断薬の作用 第88回日本薬理学会年会 名古屋国際会議場 2015年3月18日〜20日

伊藤雅方、杉本結衣、関由成、M口正悟、行方衣由紀、田中光 :糖尿病モデルマウスにおけるカルシウム及びcAMP関連シグナル伝達タンパク質の遺伝子発現の解析 第88回日本薬理学会年会 名古屋国際会議場 2015年3月18日-20日

2014年

入江雅彦、M口正悟、行方衣由紀、田中光 :モルモット肺静脈自動能における遅延Na+電流の関与 第8回先端分子薬理研究会 北里大学薬学部 2014年11月29日

M口正悟、佐野文香、行方衣由紀、田中光 :マウス心室筋においてアドレナリンα受容体刺激はNa+/Ca2+交換機構を介して筋小胞体Ca2+を減少させる 第131回日本薬理学会関東部会 横浜市立大学福浦キャンパス 2014年10月11日

佐野文香、M口正悟、行方衣由紀、田中光 :マウス心室筋α1受容体刺激の細胞内Ca2+動態に対する影響 第58回日本薬学会関東支部大会 昭和薬科大学 2014年10月4日

田中雄大、M口正悟、行方衣由紀、田中光 :マウス洞房結節自動能における細胞内Ca2+の役割の発達変化 第58回日本薬学会関東支部大会 昭和薬科大学 2014年10月4日

中村真穂、M口正悟、行方衣由紀、田中光 :マウス洞房結節自動能におけるIfチャネル、T型Ca2+チャネルの発達変化 第58回日本薬学会関東支部大会 昭和薬科大学 2014年10月4日

M口正悟、行方衣由紀、田中光 :マウス心室筋のα受容体刺激応答と興奮収縮機構の発達変化 心血管膜輸送研究会2014 生理学研究所 2014年9月4-5日

恒岡弥生、行方衣由紀、川西徹、田中光:モルモット肺静脈心筋の細胞内Ca2+依存性電気的自発活動 日本バイオイメージング学会学術集会 大阪大学吹田キャンパス 2014年9月5日

長谷川千織、伊香賀玲奈、行方衣由紀、田中光、田中直子 :電子伝達系および解糖系阻害剤が脂肪細胞におけるミトコンドリア形態および炎症性サイトカインの分泌に与える影響 日本バイオイメージング学会学術集会 大阪大学吹田キャンパス 2014年9月5日

田中光、高橋由紀子、M口正悟、飯田-田中直子、岡貴之、西尾将人、大槻篤史、行方衣由紀:共焦点顕微鏡法と自動パッチクランプ法によるhERGチャネルの電流および細胞膜への移動に対する薬物作用の解析 日本バイオイメージング学会学術集会 大阪大学吹田キャンパス 2014年9月5日

入江雅彦、恒岡弥生、M口正悟、行方衣由紀、田中光 :モルモット肺静脈心筋において内向き整流性K+電流抑制は細胞内Ca2+依存性電気的自発活動を誘発させる 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014 近畿大学東大阪キャンパス 2014年8月30日

M口正悟、行方衣由紀、田中光 :マウス心室筋の興奮収縮機構とアドレナリンα受容体刺激応答の関連性 生体機能と創薬シンポジウム2014 近畿大学東大阪キャンパス 2014年8月28-29日

恒岡弥生、田中愛弓、鶴田將人、中山貴弘、灘みづき、相本恵美、M口正悟、行方衣由紀、高原章、田中光 ラット肺静脈心筋の電気生理学的性質: 動静脈瘻の影響 生体機能と創薬シンポジウム2014 近畿大学東大阪キャンパス 2014年8月28-29日

田中愛弓、恒岡弥生、鶴田將人、中山貴弘、灘みづき、相本恵美、M口正悟、行方衣由紀、高原章、田中光 :動静脈瘻ラット肺静脈心筋の電気生理学的性質 第130回日本薬理学会関東部会 星薬科大学百年記念館 2014年7月5日

M口正悟、川上悠子、本多頼子、根本佳奈、佐野文香、行方衣由紀、田中光 :マウス心室筋興奮収縮メカニズムの筋小胞体依存性の発達変化 第87回日本薬理学会年会 仙台国際センター 2014年3月19日-21日 J. Pharmacol. Sci. 124(1):107P 2014

2013年

M口正悟、本多頼子、始関裕子、江原雄大、佐野文香、行方衣由紀、田中光: マウス心室筋のアドレナリンα受容体刺激応答の発生機序および発達変化 第7回先端分子薬理研究会 東京慈恵会医科大学 東京 2013年 12月7日

金江春奈、濱口正悟、若杉結美、大原皆人、行方衣由紀、田中光:摘出糖尿病マウス心筋の収縮・弛緩に対する興奮収縮機能関連薬の作用 第57回日本薬学会関東支部大会 帝京大学 板橋キャンパス 東京 2013年 10月26日

鶴田將人、恒岡弥生、行方衣由紀、田中光:マウス肺静脈心筋の電気的自発活動に関する薬理学的検討 第57回日本薬学会関東支部大会 帝京大学 板橋キャンパス 東京 2013年 10月26日

中山貴弘、恒岡弥生、行方衣由紀、田中光:モルモット肺静脈心筋の電気活動に対するIfチャネル遮断薬の作用 第57回日本薬学会関東支部大会 帝京大学 板橋キャンパス 東京 2013年 10月26日

下林真梨子、白川亮、恒岡弥生、行方衣由紀、田中光:モルモット肺静脈心筋自発的収縮における交感神経の関与 第57回日本薬学会関東支部大会 帝京大学 板橋キャンパス 東京 2013年 10月26日

根本佳奈、濱口正悟、行方衣由紀、田中光:マウス新生仔期心筋収縮のアドレナリンα受容体刺激応答へのIP3受容体の関与 第57回日本薬学会関東支部大会 帝京大学 板橋キャンパス 東京 2013年 10月26日

下林真梨子、鶴田將人、白川亮、恒岡弥生、行方衣由紀、田中光:モルモット肺静脈心筋自発活動の各枝の発生率と交感神経の関与 第129回日本薬理学会関東部会 順天堂大学 本郷キャンパス 東京 2013年 10月19日

行方衣由紀、濱口正悟、田中光:SERCA活性化薬の探索系構築および心筋弛緩機能に対する作用の検討 シンポジウムI 「次世代を担う応用薬理研究を考える」 第15回応用薬理シンポジウム コクヨホール 東京 2013年 9月28-29日 

伊香賀玲奈、Will Kotiadis、Michael Duchen、行方衣由紀、田中光、小川温子、田中直子:Oxygraph-2kを用いたAQP8ノックダウン細胞の酸素消費量の測定 第86回日本生化学会大会 2013年9月11日-13日 パシフィコ横浜(神奈川)

濱口正悟、川上悠子、本多頼子、根本佳奈、佐野文香、行方衣由紀、田中光:マウス心室筋の興奮収縮機構の発達変化:薬理学的検討および画像化解析 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2013 熊本大学薬学部キャンパス (熊本) 2013年 8月31日

伊香賀玲奈、行方衣由紀、田中光、小川温子、田中直子:AQP8の発現抑制が脂肪細胞のエネルギー代謝とTNF-α分泌 に与える影響 日本生化学会関東支部例会 2013年6月15日 山梨大学甲府キャンパス(山梨県)

河原圭、白川亮、下林真梨子、小林由佳、鶴田將人、中山貴弘、恒岡弥生、奥村敏、藤田孝之、石川義弘、行方衣由紀、田中光:モルモット肺静脈心筋の自発活動に対するvidarabineの作用 日本薬学会第133年会 横浜 2013年 3月28日

行方衣由紀、高橋由紀子、岡貴之、大槻篤史、田中光:自動パッチクランプシステムおよび共焦点顕微鏡法によるhERGチャネルの電流および細胞膜への輸送の解析作用 日本薬学会第133年会 横浜 2013年 3月28日

濱口正悟、池田貴之、鶴田將人、恒岡弥生、行方衣由紀、奥村敏、藤田孝之、石川義弘、田中光:マウス摘出心筋に対するビダラビンの影響 日本薬学会第133年会 横浜 2013年 3月28日

鶴田將人,恒岡弥生, 行方衣由紀、田中光:マウス肺静脈心筋自発活動の発生機序に関する薬理学的検討 日本薬学会第133年会 横浜 2013年 3月28日 

行方衣由紀、川西徹、田中光:心筋における局所カルシウムシグナル調節の多様性; 次世代の会シンポジウム、Caチャネルマイクロドメインの分子制御基盤とその生理的意義 第86回日本薬理学会年会 福岡国際会議場 福岡 2013年 3月21日〜23日(22日) J. Pharmacol. Sci. 121(supT): 43P 2013

濱口正悟、始関裕子、本多頼子、行方衣由紀、田中光:新生仔および成体マウス心室筋におけるα受容体応答は活動電位持続時間の影響を受ける 第86回日本薬理学会年会 福岡国際会議場 福岡 2013年 3月21日-23日(22日) J. Pharmacol. Sci. 121(supT): 206P 2013

恒岡弥生、小林由佳、本多 頼子、鶴田 將人、行方衣由紀、田中光:マウス肺静脈心筋の電気活動 第86回日本薬理学会年会 福岡国際会議場 福岡 2013年 3月21日-23日(22日) J. Pharmacol. Sci. 121(supT): 90P 2013. 

八木啓太、江沢亜耶、福本真理江、恒岡弥生、濱口正悟、長谷川健志、久世哲郎、千葉俊樹、灘みずき、行方衣由紀、田中光、高原章:動静脈瘻ラットにおける心房リモデリングの電気生理学的特徴 第86回日本薬理学会年会 福岡国際会議場 福岡 2013年 3月21日〜23日(21日) J. Pharmacol. Sci. 121(supT): 165P 2013.

大槻篤史、本橋航、行方衣由紀、田中光:マルチホール・パッチクランプチップを用いたオートパッチクランプ法のための細胞単分散法の評価 第86回日本薬理学会年会 福岡国際会議場 福岡 2013年 3月21日-23日(21日) J. Pharmacol. Sci. 121(supT): 165P 2013.

2012年

高原章、藤原香織、岡貴之、大槻篤史、行方衣由紀、田中光:ハロセン麻酔モルモットモデルにおけるジフェンヒドラミンおよび鎮咳薬クロペラスチンのhERG K+チャネルおよび心電図QT間隔に対する作用 第29回日本心電学会学術集会 幕張メッセ国際会議場 2012年 10月12日

恒岡弥生、小林由佳、本多 頼子、行方衣由紀、田中光:マウス肺静脈心筋の電気活動 第29回日本心電学会学術集会 幕張メッセ国際会議場 2012年 10月12日

M口正悟、本多頼子、行方衣由紀,田中光:新生仔期マウス心室筋におけるアドレナリンα受容体刺激応答に関与する細胞内機序および情報伝達経路の検討 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012 神戸学院大学 2012年9月1日

田中光、行方衣由紀:T 型カルシウムチャネルと心臓機能 生体機能と創薬シンポジウム2012 神戸学院大学 2012年8月31日

白川亮,下林真梨子,鶴田將人,恒岡弥生,行方衣由紀,田中光:モルモット肺静脈心筋自発活動の交感神経による制御機構 第126回日本薬理学会関東部会 北里大学薬学部 2012年7月14日

高橋由紀子、岡貴之、大槻篤史、行方衣由紀、田中光:hERGチャネルの電流及び細胞膜への輸送に対するterfenadineおよびpentamidineの作用 第126回日本薬理学会関東部会 北里大学薬学部 2012年7月14日

濱口正悟、川上悠子、武田健太郎、行方衣由紀、田中光:マウス心室筋におけるEndothelin-1 に対する陽性・陰性変力反応に関与する受容体タイプおよび細胞内機序の検討 第126回日本薬理学会関東部会 北里大学薬学部 2012年7月14日

行方衣由紀、恒岡弥生、田中光:肺静脈心筋の電気的自発活動の発生機序:心房細動治療標的としての可能性 日本薬学会第132年会 特別シンポジウム:次世代創薬に向けた新たなストラテジー北海道大学 札幌 2012年 3月29日 

恒岡弥生、小林由佳、杉本貴彦、行方衣由紀、田中光: モルモット肺静脈心筋の電気的自発活動とカリウム電流 第85回日本薬理学会年会 国立京都国際会館 京都 2011年 3月14日〜16日 J. Pharmacol. Sci. 118(supT): 157P 2012.

濱口正悟、本多頼子、行方衣由紀、田中光: 新生仔および成体マウス心室筋における興奮収縮メカニズムに対するα受容体刺激の影響 第85回日本薬理学会年会 京都 2012年 3月14日〜16日 J. Pharmacol. Sci. 118(supT): 90P 2012.

岡貴之、大槻篤史、高橋由紀子、行方衣由紀、田中光: hERG チャネルの電流及び細胞内移動に対する terfenadine および pentamidine の作用 第85回日本薬理学会年会 京都 2012年 3月14日〜16日 J. Pharmacol. Sci. 118(supT): 156P 2012.

大槻篤史、岡貴之、行方衣由紀、田中光: オートパッチクランプ法のための細胞分散法の開発と評価 第85回日本薬理学会年会 京都 2012年 3月14日〜16日 J. Pharmacol. Sci. 118(supT): 158P 2012.

行方衣由紀、恒岡弥生、田中光: 肺静脈心筋の電気的自発活動の発生機序:心房細動治療標的としての可能性 日本薬学会第132年会 特別シンポジウム:次世代創薬に向けた新たなストラテジー 札幌 2012年 3月29日

2011年

Iyuki Namekata, Yayoi Tsuneoka, Akiko Akiba, Hideki Nakamura, Hideaki Shimada, Hikaru Tanaka. Membrane potential and intracellular calcium oscillations in the guinea-pig and rat pulmonary vein myocardium. The 28th Annual Meeting of the International Society for Heart Research Japanese Section. Jounal of Molecular and Cellular Cardiology. Tokyo, Japan 2-3 December 2011

恒岡弥生,行方衣由紀,川西徹,田中光: モルモット肺静脈心筋自発活動における細胞内Ca2+動態と電気生理学的性質 第125回日本薬理学会関東部会 日本大学薬学部 2011年10月15日

疋田康,恒岡弥生,行方衣由紀,田中光: 伸展刺激に起因するモルモット肺静脈心筋の高頻度自発活動について 第55回日本薬学会関東支部大会 東邦大学薬学部 2011年10月8日

伊香賀玲奈、行方衣由紀、田中光、田中直子: アクアポリン8ノックダウン脂肪細胞を用いたミトコンドリア機能の可視化 第20回日本バイオイメージング学会学術集会 千歳科学技術大学(北海道千歳市) 2011年 9月1日〜2日

行方衣由紀、恒岡弥生、小川亨、中瀬古寛子、赤羽悟美、田中光: Efonidipine光学異性体を用いた洞房結節緩徐脱分極に関与するCa2+チャネル分子種 (Cav1.2、Cav1.3、Cav3.1)の薬理学的検討 生体機能と創薬シンポジウム2011 日本薬学会長井記念館(渋谷) 2011年9月2日

田中光、濱口正悟、川上悠子、本多頼子、行方衣由紀: こどもの心臓からおとなの心臓へ-心筋興奮収縮機構の発達変化- 生体機能と創薬シンポジウム2011 日本薬学会長井記念館(渋谷) 2011年9月2日

本多頼子,M口正悟,行方衣由紀,田中光: マウス心室筋活動電位波形の発達変化 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011 北里大学 2011年8月31日

疋田康,恒岡弥生,行方衣由紀,田中光: モルモット肺静脈心筋の自発活動に対する伸展刺激の影響 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011 北里大学 2011年8月31日

金澤温子,行方衣由紀,田中光: Mitochondrial Permeability Transition Pore(mPTP)開閉観察系の構築 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011 北里大学 2011年8月31日 

秋葉明子,恒岡弥生,行方衣由紀,田中光: モルモットおよびラット肺静脈心筋の自発活動における細胞内Ca2+の役割 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011 北里大学 2011年8月31日

M口正悟,廣田佳孝,大原皆人,川西徹,行方衣由紀,田中光: SERCA 活性化薬はstreptozotocin 誘発糖尿病マウス心筋の弛緩機能を改善する 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011 北里大学 2011年8月31日

藤原香織、岡貴之、大槻篤史、行方衣由紀、田中光、高原章:ハロセン麻酔モルモットモデルにおけるジフェンヒドラミンおよびクロペラスチンの心臓電気薬理学的作用 第124回日本薬理学会関東部会 東京 2011年 6月4日

伊香賀玲奈、行方衣由紀、田中光、田中直子:3T3-L1脂肪細胞におけるアクアポリン8のミトコンドリア機能に対する役割 日本薬学会第131年会 静岡 2011年3月28日-31日

伊香賀玲奈、新井祐未、片桐聡美、行方衣由紀、田中光、田中直子:3T3-L1脂肪細胞に発現するAQP8とエネルギー代謝の関係 日本農芸化学会2011年度大会 京都 2011年 3月25日-28日

田中友香里、服部静香、塚田あゆみ、小河由美、田村麻衣、行方衣由紀、田中光、田中直子:腎尿細管および小腸上皮細胞に発現するアクアポリン3スプライスバリアントの機能解析 日本農芸化学会2011年度大会 京都 2011年 3月25日-28日

大槻篤史、岡貴之、高原章、行方衣由紀、田中光:自動パッチクランプ法を利用した細胞内灌流によるhERGアッセイ 第84回日本薬理学会年会 横浜 2011年 3月22日-24日

濱口正悟、本多頼子、行方衣由紀、高原章、田中光:新生仔および成体マウス心室筋のCa2+トランジェントと活動電位へのαアドレナリン受容体刺激の影響 第84回日本薬理学会年会 横浜 2011年 3月22日-24日

恒岡弥生、秋葉明子、行方衣由紀、高原章、川西徹、田中光:モルモットおよびラット肺静脈心筋の電気的自発活動とカルシウム動態 第84回日本薬理学会年会 横浜 2011年 3月22日-24日

行方衣由紀、恒岡弥生、小川亨、古美門千紗、高原章、中瀬古寛子、赤羽悟美、田中光:洞房結節緩徐脱分極に関与するCa2+チャネル分子種の薬理学的検討:efonidipine光学異性体、nifedipineの活動電位波形およびCav1.2、Cav1.3、Cav3.1チャネルに対する作用 第84回日本薬理学会年会 横浜 2011年 3月22日-24日

2010年

濱口正悟、本多頼子、川上悠子、行方衣由紀、高原章、田中光:マウス心室筋の興奮収縮機構とα受容体刺激応答の発達変化 第4回先端分子薬理研究会 東京 2010年 11月20日

Okumura S., Jin M., Kurotani R., Cai W., Bai Y., Tsunematsu T., Hidaka Y., Namekata I., Tanaka H., Ishikawa Y. Effects of chronic beta-adrenergic receptor stimulation in Epac1-null mice. American Heart Association 2010 Chicago, Illinois November 13-17 2010

行方衣由紀、恒岡弥生、竹田潔、高原章、田中光:Ca2+拮抗薬の徐脈作用に関与するCa2+チャネル分子種の検討:efonidipine光学異性体Cav1.2,Cav1.3,Cav3.1チャネルに対する作用 生理研研究会「イオンチャネル・トランスポーターと心血管機能:細胞機能の分子機序とその統合的理解」 岡崎 2010年 11月4日-5日

高原章、竹田潔、恒岡弥生、行方衣由紀、田中光:モルモット肺静脈の興奮伝導に対するベプリジルの作用特性 第27回日本心電学会学術集会 大分 2010年 10月8日-9日

本多頼子、濱口正悟、行方衣由紀、高原章、田中光:マウス心室筋活動電位波形の発達変化とαアドレナリン刺激の影響 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010 京都 2010年 9月11日

濱口正悟、本多頼子、行方衣由紀、高原章、田中光:マウス心室筋α受容体刺激応答の発達変化 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010 京都 2010年 9月11日

恒岡弥生、行方衣由紀、高原章、川西徹、田中光:モルモット肺静脈心筋の組織・細胞の形態および自発活動 第19回日本バイオイメージング学会学術集会 東京 2010年 9月9日-11日

Namekata I., Ohhara M., Hirota Y., Kawanishi T., Takahara A., Tanaka H. Effects of SERCA activators, ellagic acid and gingerol, on diabetes mellitus-induced diastolic dysfunction in isolated murine ventricular myocardia. The 16th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (World Pharma 2010). Copenhagen, Denmark, July 17- 23 2010

Takahara A., Sugimoto T., Takeda K., Namekata I., Tanaka H. Electropharmacological analysis of triggered activity in the pulmonary vein myocardium of the guinea pig. The 16th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (World Pharma 2010). Copenhagen, Denmark, July 17- 23 2010

田中友香里、塚里あゆみ、小河由美、田村麻衣、行方衣由紀、田中光、田中直子:腎臓由来MDCK細胞に発現するアクアポリン3スプライスバリアントの機能解析 日本薬学会第130年会 岡山 2010年 3月28日-30日

行方衣由紀、恒岡弥生、高原章、田中光:モルモット肺静脈心筋における自発活動の電気生理学的および薬理学的性質 第115回日本解剖学会総会・全国学術集会 盛岡 2010年 3月28日-30日

行方衣由紀、川上悠子、濱口省吾、川西徹、高原章、田中光:マウス心室筋の興奮収縮機構の発達変化:薬理学的検討および画像化解析 第83回日本薬理学会年会 大阪 2010年 3月16日-18日

岡貴之,大槻篤史,高原章,行方衣由紀,田中光:鎮咳薬クロペラスチンのhERG K+電流に対する作用 第83回日本薬理学会年会 大阪 2010年 3月16日-18日

濱口正悟、行方衣由紀、高原章、田中芳夫、田中直子、田中光:NIP-142のカリウムチャネルαサブユニットKv1.5,Kv4.2,Kv4.3およびマウス心房筋に対する作用 第83回日本薬理学会年会 大阪 2010年 3月16日-18日

福本真利江、行方衣由紀、高原章、田中光:動静脈瘻心肥大ラットの心房におけるカルバコールの電気生理学的作用 第83回日本薬理学会年会 大阪 2010年 3月16日-18日

恒岡弥生、行方衣由紀、高原章、田中光:モルモット肺静脈心筋の電気的自発活動およびカルシウム動態の検討 第83回日本薬理学会年会 大阪 2010年 3月16日-18日 

竹田潔、杉本貴彦、行方衣由紀、高原章、田中光:モルモット摘出左心房−肺静脈標本におけるベプリジルの電気生理学的作用 第83回日本薬理学会年会 大阪 2010年 3月16日-18日

原著論文 最新-2010 | 2009-2000 | 1999-1990 | 1989- |
英文総説和文総説著書 |
学会発表 最新-2010 | 2009-2000 | 1999-1992 | 1991- |
特許 |
プロフィール |

もとのページ「心筋」トップページ先頭