東邦大学へ メディアネットセンターへ バーチャルラボラトリへ  
バーチャルラボラトリ 心筋−心臓は電気とカルシウムイオンで動いている!−
東邦大学 薬学部薬物学教室  
田中 光 行方 衣由紀 M口正悟
 | TOP | 心臓に関する基礎知識 | 心臓の電気現象 | 心臓の収縮 | 心筋の普遍性と多様性 | 循環系と血圧 |
 心臓の病気と治療薬 | エホニジピン物語 | プロフィ−ル | 免責事項 |

田中 光 <たなか ひかる> 東邦大学薬学部教授、薬学博士

学会発表 1991年−1984年

1989-1991(神経研究所時代)

小沢瑛二郎、田中光、池谷紀代子:mdxキャリアーマウス筋細胞膜におけるdystrophinの発現様式:骨格筋と心筋での差異 平成元年度厚生省神経疾患研究委託費"筋ジストロフィーの発症に関する遺伝子工学的基礎研究"班会議 東京 1989, 12

斉藤加代子、田中光、池谷紀代子、小沢瑛二郎、山内あけみ、原田隆代、福山幸夫: 筋ジストロフィー症家系の遺伝子異常とdystrophinの異常 平成元年度厚生省神経疾患研究委託費 "筋ジストロフィーの発症に関する遺伝子工学的基礎研究"班会議 東京1989, 12

田中光、池谷紀代子、小沢瑛二郎:mdxキャリアーマウス筋細胞膜におけるdystrophinの発現様式:骨格筋と心筋での差異 第63回日本薬理学会総会 東京 1990, 3

斉藤加代子、池谷紀代子、田中光、小沢瑛二郎、山内あけみ、佐久間泉、原田隆代、大沢真木子、鈴木陽子、穴倉啓子、平山義人、福山幸夫:Duchenne型およびBecker型筋ジストロフィー症の遺伝子解析とジストロフィンの異常 第32回日本小児神経学会総会 千葉 1990, 6

Ozawa E., Yoshida M., Hagiwara Y., Tanaka H., Hayashi K., lkeya K.:Formation of dystrophin lining of muscle cell membrane in myogenesis. Uehara Memorial Foundation Symposium "Frontiers of Muscle Reserch" Tokyo, Japan, 1990, 7,

Saito K., lkeya K., Tanaka H., Yamauchi A., 0zawa E., Fukuyama Y.:Deletion pattern studies on dystrophin gene of Japanese DMD/BMD families. The 7th international congress on Neuromuscular Diseases. Munich,W. Germany, 1990, 9

lkeya K., Tanaka H., Fukuyama Y., 0zawa E.:Dystrophin expression in skeletal and cardiac muscles of mdx carrier mice. The 7th international congress on neuromuscular diseases. Munich,W.Germany, 1990, 9

田中光、小沢瑛二郎:ラット心筋の発達に伴うdystrophinの筋細胞膜への出現 第83回日本薬理学会関東部会 東京 1990, 10

Tanaka H., 0zawa E.:発達期ラット心筋におけるdystrophinおよびmRNAの出現 第64回日本薬理学会総会 大阪 1991, 3

田中光、石黒恒男、江口新比古、斎藤加代子、小沢瑛二郎:筋ジストロフィー患者骨格筋の細胞膜にdystrophin類似タンパク質が存在する。第84回日本薬理学会関東部会  東京 1991, 6

1984-1988(大学時代)

重信弘毅、田中光、粕谷豊:母胎の内分泌異常と胎児心臓機能発達 シンポジウム "薬物の継世代的機能毒性" 第57回日本薬理学会年会 京都 1984, 3

田中光、重信弘毅、粕谷豊:ラット胎児および新生児心筋の交感神経支配と伝達物質感受性に関する薬理学的研究 第72回日本薬理学会関東部会 東京 1985, 6

田中光、重信弘毅、粕谷豊、斎藤洋:ラツト胎児および新生児心房の器官培養:神経支配前のsupersensitivityの維持 第60回日本薬理学会年会 千葉 1987, 3

田中光、斎藤洋、重信弘毅:ラット新生児心筋の発生に伴うnorepinephrine感受性低下におけるβ受容体-adenylate cyclase系の役割 第61回日本薬理学会年会 福岡 1988, 3

もとのページ「心筋」トップページ先頭