千葉県船橋市(東邦大学)と富里市の花粉飛散状況(2014.7)

東邦大学 理学部訪問教授 佐橋 紀男

無断転載引用厳禁

掲載する情報および写真等の無断転載・引用は固くお断り致します。
また、掲載する情報・写真等は著作権法で保護される著作物です。

 梅雨もあがり、夏らしくなってきました。空中花粉は少ない時期ですが、やはりイネ科は1桁ながら断続的に飛散しています。また特に空地の多い冨里市ではオオバコ科の花粉が一桁ながらほぼ毎日飛散していますのでイネ科花粉ばかりでなく注意が必要です。

2014年7月23日


→  2014年イネ科の花粉飛散数と気温グラフを掲載しています。


 


関連情報

■捕集器(名称をクリックすると捕集器の写真と説明が開きます)

D
ダーラム型 : 花粉数/1平方cm/day
R
IS-Rotary(ロータリー)型 : 花粉数/1平方cm/day
B
Burkard(バーカード)型 : 花粉数/1立法メートル/day
※測定に時間がかかるため、ダーラム型などよりデータは1週間遅くなります。

■データ

2009〜2014年のデータ
花粉飛散状況


 スギ・ヒノキ花粉
 イネ科その他
イネ科その他 最新情報 →6月 →5月
スギ・ヒノキ科花粉 →2014年4月 3月 →2月 →1月
イネ科その他 →2013年12月 →年11月 →10月 →9月 →8月 →7月 →6月 →5月
スギ・ヒノキ科花粉 →2013年4月 →3月 →2月 →1月
イネ科その他 →2012年12月 →11月 →10月 →9月 →7月 →6月 →5月
スギ・ヒノキ科花粉 →2012年4月 →3月 →2月 →1月

→2011年12月以前のデータは
「過去の花粉飛散状況」よりご覧ください。 
グラフで見るイネ科花粉
イネ科その他 2013年  →2012年  →2011年  →2010年  →2009年  →2008年
 →2007年  →2005年
グラフで見るスギ花粉
スギ・ヒノキ科花粉 2013年  →2012年  →2011年  →2010年  →2009年  →2008年
 →2007年  →2006年  →3年間(2005年〜2007年)の比較

2014年7月のイネ花粉ほか (個数/cm2/day)

調査地点:【船橋市】東邦大学、地上15m 【富里市】地上4m


■2014年 ダーラム型による船橋市と富里市の花粉情報

3溝粒(3溝孔粒も含む) : ブナ科、キク科、バラ科、マメ科など,  3孔粒 : カバノキ科、アサ科など,
マツ形 : マツ科、マキ科, 散孔粒 : オオバコ科、ヒユ科、ケシ科など, その他 : ヒノキ科、マメ科,ブナ科など

 

船橋 ダーラム型
富里 ダーラム型
.
最高気温(度C)
降水量(mm)
イネ科
3溝粒
3孔粒
マツ形
散孔粒
その他
イネ科
3溝粒
3孔粒
マツ形
散孔粒
その他
1
29.7
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.9
0.3
2
30.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
0.0
0.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.6
3
28.5
3.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.6
0.0
0.0
0.0
0.0
4
22.2
7.5
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
5
24.3
0.0
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.9
0.3
6
27.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.9
0.0
0.0
0.0
0.3
0.6
7
25.2
5.5
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.9
0.0
8
31.9
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.3
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
9
25.4
5.5
0.0
0.0
0.0
0.3
0.3
0.0
0.3
1.6
0.0
0.0
0.6
0.0
10
29.2
2.0
0.0
0.9
0.0
0.0
0.0
0.3
0.3
0.0
0.0
0.3
0.0
0.9
11
32.2
8.0
0.3
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
0.3
0.0
0.0
0.0
1.2
0.3
12
33.4
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.6
0.0
0.0
0.6
0.0
0.0
13
27.6
0.0
0.3
0.3
0.0
0.3
0.0
0.3
1.2
0.0
0.0
0.0
06
0.0
14
32.1
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
2.8
0.0
15
32.1
0.0
0.9
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.6
0.0
0.0
16
32.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
1.2
2.2
0.0
0.0
0.3
0.0
17
30.3
0.5
3.4
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
18
27.3
2.5
1.5
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
19
26.3
33.0
0.9
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.9
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
20
29.3
0.5
0.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
21
28.7
0.0
1.5
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
22
31.5
0.0
0.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
23
33.3
0.0
0.6
0.0
0.0
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
24
34.5
0.0
1.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
25
35.5
0.0
0.3
0.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.9
0.0
0.0
0.0
0.3
0.0
26
34.7
0.0
0.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
1.9
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
27
32.5
0.0
1.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
28
30.2
0.0
0.6
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
2.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
29
32.3
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
7.1
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
30
31.8
0.0
0.9
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
3.4
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
31
33.2
0.0
0.5
1.5
0.0
0.0
0.0
0.0
4.6
0.3
0.0
0.0
0.0
0.0
-
-
-
イネ科
3溝粒
3孔粒
マツ形
散孔粒
その他
イネ科
3溝粒
3孔粒
マツ形
散孔粒
その他
-
-
15.7
3.9
0.0
1.2
0.6
1.5
29.1
4.7
0.0
1.5
10.3
3.3

 

| ページの先頭へ戻る | 花粉症Learningのトップページへ | 過去の実測データ