千葉県船橋市(東邦大学)と富里市の花粉飛散状況(2008.5)

東邦大学 理学部訪問教授 佐橋 紀男

無断転載引用厳禁

掲載する情報および写真等の無断転載・引用は固くお断り致します。
また、掲載する情報・写真等は著作権法で保護される著作物です。

スギやヒノキ科花粉は散発的に前半で僅かながら見られましたが、船橋では9日以後、冨里では18日以後観測されていません。ほぼ完全に収束したと見られます。

イネ科花粉が天候不順もあって都会の船橋は僅かで、富里でも発症する程度の少ない飛散です。 イネの花粉症の方は軽度の症状で済んだ方も多かったのではないでしょうか?

一方マツ型、ブナ科、ニレ科花粉は2桁飛散を前半中心に観測されています。 タデ科は冨里だけで1桁飛散ですが、8日以降飛散が続いています。 全体的に木本花粉が多く、草本花粉が少なめの5月になりそうです。

2008年5月31日


関連情報

■捕集器(名称をクリックすると捕集器の写真と説明が開きます)

D
ダーラム型 : 花粉数/1平方cm/day
R
IS-Rotary(ロータリー)型 : 花粉数/1平方cm/day
B
Burkard(バーカード)型 : 花粉数/1立法メートル/day
※測定に時間がかかるため、ダーラム型などよりデータは1週間遅くなります。

■データ

2008〜2007年のデータ
スギ・ヒノキ科花粉
→最新情報 →2008年4月 →2008年3月 →2008年2月 →2008年1月 →2007年春のデータ
グラフで見るスギ花粉
→2008年 →2007年 →2006年 →過去3年間の比較
イネ科その他
→最新情報 →12月のデータ →11月のデータ →10月のデータ →9月のデータ →7月のデータ →6月のデータ →5月のデータ →2007年1月以前
グラフで見るイネ科花粉
→2007年 →2005年

2008年5月のスギ花粉ほか (個数/cm2/day)

■調査地点:【船橋市】東邦大学、地上15m 【富里市】地上4m)
●ブナ科(クヌギ、コナラなど) ●ニレ科(エノキ、ケヤキなど) ● その他(イチョウ、クワ、クルミ、、クリなど)

船橋ダーラム型
富里ダーラム型
.
最高気温(度C)
降水量(mm)
スギ
ヒノキ
イネ科
マツ型
ブナ科
ニレ科
その他
スギ
ヒノキ
イネ科
マツ型
ブナ科
ニレ科
タデ科
その他
1
23.8
0.0
0.0
0.0
0.0
4.9
2.2
32.4
4.0
0.0
0.0
3.0
26.0
67.0
5.0
0.0
2.0
2
21.4
3.5
0.0
0.0
3.0
3.5
3.0
14.0
1.5
0.0
0.0
3.0
1.0
3.0
3.0
0.0
1.0
3
20.2
10.5
0.0
0.0
0.0
0.5
1.0
18.0
0.5
4
19.4
0.0
0.0
0.0
0.0
4.8
3.0
15.5
1.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.5
2.5
0.0
2.0
5
20.4
0.0
0.0
4.0
0.0
20.0
40.0
25.0
2.0
0.0
2.0
0.0
35.0
16.0
85.0
0.0
0.0
6
25.5
0.0
2.0
1.0
0.0
7.0
25.0
5.0
0.0
0.0
3.0
1.0
13.0
11.0
39.0
0.0
0.0
7
27.7
0.0
1.0
1.0
2.0
0.0
20.0
10.0
0.0
0.0
3.0
1.0
5.0
7.0
32.0
0.0
0.0
8
21.9
0.0
0.0
1.0
0.0
11.0
15.0
12.0
0.0
1.0
0.0
3.0
19.0
14.0
10.0
3.0
4.0
9
23.1
0.0
0.0
0.0
0.0
4.0
40.0
3.0
5.0
0.0
0.0
3.0
0.0
69.0
3.0
6.0
17.0
10
15.6
11.0
0.0
0.0
0.0
3.0
12.0
6.0
1.0
1.0
0.0
0.0
1.0
23.0
2.0
2.0
2.0
11
13.3
8.0
0.0
0.0
0.0
4.0
19.0
0.0
2.0
0.0
0.0
0.0
0.0
20.0
0.0
2.0
0.0
12
13.8
44.0
0.0
0.0
0.0
4.0
20.0
3.0
1.0
0.0
0.0
0.0
0.0
27.0
3.0
3.0
3.0
13
11.7
11.0
0.0
0.0
1.0
0.0
1.0
0.0
1.0
0.0
14
13.6
0.0
0.0
0.0
0.0
4.0
4.0
0.0
1.0
0.0
0.0
1.0
1.0
1.0
0.0
0.0
0.0
15
22.0
0.0
0.0
0.0
8.0
2.0
37.0
0.0
9.0
0.0
16
22.9
0.0
0.0
0.0
2.0
2.0
18.0
2.0
0.0
0.0
0.0
2.0
8.0
59.0
2.0
3.0
0.0
17
22.7
0.0
0.0
0.0
0.0
5.0
23.0
0.0
2.0
1.0
3.0
1.0
2.0
37.0
4.0
1.0
3.0
18
23.1
0.0
0.0
0.0
1.0
0.0
7.0
0.0
7.0
0.0
0.0
3.0
0.0
22.0
0.0
1.0
6.0
19
25.2
2.0
0.0
0.0
0.0
38.0
21.0
0.0
1.0
0.0
0.0
0.0
1.0
17.0
0.0
1.0
2.0
20
22.6
79.5
0.0
0.0
0.0
18.0
12.0
3.0
0.0
4.0
21
24.0
0.0
0.0
0.0
1.0
2.0
1.0
0.0
1.0
0.0
0.0
1.0
11.0
8.0
3.0
1.0
2.0
22
24.8
0.0
0.0
0.0
1.0
6.0
10.0
0.0
5.0
0.0
0.0
0.0
4.0
11.0
2.0
1.0
13.0
23
29.8
0.0
0.0
0.0
0.0
5.0
0.0
0.0
10.0
0.0
0.0
0.0
8.0
22.0
4.0
1.0
9.0
24
25.4
16.5
0.0
0.0
1.0
4.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
1.0
9.0
32.0
1.0
1.0
19.0
25
22.5
13.0
0.0
0.0
0.0
6.0
1.0
1.0
1.0
26
27.8
0.0
0.0
0.0
5.0
21.0
6.0
2.0
1.0
1.0
0.0
2.0
6.0
22.0
2.0
1.0
22.0
27
27.2
0.0
0.0
0.0
11.0
12.0
2.0
5.0
2.0
0.0
2.0
1.0
12.0
12.0
5.0
0.0
24.0
28
26.0
0.0
0.0
0.0
4.0
22.0
4.0
1.0
3.0
0.0
0.0
1.0
20.0
7.0
0.0
1.0
0.0
29
15.9
25.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
30
16.1
1.0
0.0
0.0
0.0
3.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
4.0
0.0
1.0
0.0
0.0
1.0
31
14.1
13.5
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
-
-
-
スギ
ヒノキ
イネ科
マツ型
ブナ科
ニレ科
その他
スギ
ヒノキ科
イネ科
マツ型
ブナ科
ニレ科
ニレ科
その他
-
-
3.0 7.0 31.0 196.7 297.2 154.9 52.5 4.0 13.0 40.0 202.0 558.5 210.5 38.0 136.0

| ページの先頭へ戻る | 花粉症Learningのトップページへ | 過去の実測データ