ここでクリア
ここでクリア

ここでクリア

サービス案内

利用資格と利用方法

利用資格

本学の教職員および学生

利用方法

館内は完全開架方式です。自由に閲覧することができます。
利用した資料は返却台へお返しください。

↑ ページの先頭にもどる

開室時間

全日24時間開室になります。
スタッフ在室時間は以下の通りです。

曜 日スタッフ在室時間
平 日9:00〜19:50
土曜日9:00〜14:00
  • 第3土曜日、日曜日、国民の休日、本学の創立記念日(6月10日)、年末年始はスタッフが不在になります。
  • 都合によりスタッフの在室時間が変更になる場合がありますので、詳細はカレンダーでご確認下さい。

↑ ページの先頭にもどる

貸出と返却

貸出

  • 本学および大橋病院所属の教職員と学生には以下の要領で資料を貸し出します。
  • 自動貸出・返却機で手続きしてください。
  • 教職員・学生IDカードをお持ちください。
冊数10冊(大森・佐倉・看護・習志野、全学の貸出分を含む)
貸出期間図書2週間(2週間の貸出延長可)
AV資料2週間(2週間の貸出延長可)
雑誌3日(貸出延長はできません)

返却

  • 自動貸出・返却機で手続きしてください。返却日を過ぎますと資料の貸出は停止されます。
  • この場合、新しい貸出は返却延滞資料を返却されたその翌日からとなります。ご注意ください。
  • ブックポスト(図書室入口脇と臨床研究棟1Fの2カ所に設置)にも返却できます。
  • 大型資料・AV資料は破損防止のため、ブックポストではなくカウンターに返却してください。

その他

  • 貸出期間の延長は一回のみ(1回=2週間)可能です。返却期日を過ぎると延長はできません。ご注意ください。
    MyLibraryをご利用ください。
  • 貸出中の資料を予約することもできます。
    MyLibraryをご利用ください。
  • 返却期日が近くなりますとそのお知らせが、返却期日を過ぎますと督促が、自動配信されます。
  • 貸出停止を避けるためにも速やかに返却をお願いします。
  • 資料を紛失した場合は、すみやかにご連絡ください。原則として現物での弁償をお願いします。

↑ ページの先頭にもどる

文献複写

図書館資料は著作権法31条に基づき、その規定範囲で複写することができます

1. 調査研究のため、2. 著作物の半分以下を、3. 1人につき1部のみ、4. 定期刊行物の場合は次号が出ているか発行後3か月を経ている文献のみ、複写が認められています。

図書室所蔵の資料

カラー複合機を設置しています。セルフサービスでご利用ください。
文献複写依頼を出される場合は、時間と別料金がかかります。ご了承ください。

コピースキャナー
モノクロカラー研究費による支払
セルフサービス10円 / 1枚50円 / 1枚できる無料
依頼された場合20円 / 1枚60円 / 1枚できる

プリペイドカードについて

  • 購入希望の方はカウンターにてお申し出ください。研究費による購入も可能です。
  • [900円/100枚]、[450円/50枚]の2種類があり、いずれも通常料金の1割引きです。
  • 医学メディアセンター(大橋、本館、佐倉)で使用できるカードです。

図書室にない資料

  • 学内(大森・佐倉・看護・習志野)、学外(他大学および国外)に文献複写を依頼し、取り寄せることができます。
  • 学内からは当日〜翌日には到着します。学外は3日〜1週間くらいが目安です。
  • お申し込みはMyLibraryの「複写依頼」「貸借依頼」をご利用ください。
  • 支払い方法(自己負担/研究費払い)や連絡方法など、忘れずに選択してください。
  • 到着した文献はカウンターにてお受け取りください。
  • 他大学の図書館を直接利用されたい場合は、紹介状等が必要になります。図書室で発行します。平日16:30までにカウンターにご相談ください。*事前問い合わせの関係で、時間が過ぎると翌日処理となります。ご注意ください。

↑ ページの先頭にもどる

機器・設備

端末

図書室のパソコンはすべて学内LANに接続され、メディアセンターが契約している有料のデータベース(医中誌や最新看護索引、Web of Science、ほか)、電子ジャーナル・電子ブックにアクセスできます。

  • これらの有料データベース等は、LANに接続されているPCであれば図書室外からも利用できます。また、ご自宅など学外からでもご利用になれます。詳しくは学外から電子リソースを使うをご覧ください。

↑ ページの先頭にもどる