ネットワークセンターからのお知らせ


Internet Explorer 7 の自動更新による配布


         InternetExplorer7 の自動配布対策

 Microsoft社は、2月13日(水)から WindowsXP SP2 及び WindowsServer2003 SP1 を
対象にした優先度の高い更新プログラムとして InternetExplorer7(以下IE7と略)を
自動配布する予定です。

 IE7は、WindowsUpdateにより自動配布されるため、IE7をインストールするつもりが
なくてもインストールしてしまう場合がありますので、ご注意ください。

■IE7をインストールする場合の注意
 IE7をインストールするとIE6は利用できなくなります。
 IE7に対応していないホームページもありますので、IE7に移行する場合は、
 事前にFirefoxなど代替ブラウザをインストールすることをお勧めします。
 IE6でGoogleツールバーやGoogleデスクトップ、Yahoo!ツールバーなどをプラグイン
 している場合は、IE7を導入した際にエラーが発生する可能性がありますので、
 IE7をインストールする前にそれらのプラグインをアンインストールしてください。

■IE7の自動配布を無効化する場合
 IE7のインストールを防ぐ方法として、IE7の自動配布を無効化する方法があります。
 Microsoft社は、IE7の自動配布の無効化ツールキットを配布しており、このツールを
 実行することによりWindowsUpdateによるIE7の自動配布を無効化することができます。
 IE7の自動配布を無効化するためのツールキット及び詳細については、こちら を参照してください。

■IE7をアンインストールする場合
 IE7からIE6に戻したい場合は、IE7をアンインストールしてください。
 IE7をアンインストールする手順及び詳細については、 こちら を参照してください。



参考文献 (日本語)

Microsoft TechNet
Internet Explorer 7 の自動更新による配布
http://www.microsoft.com/japan/technet/updatemanagement/
windowsupdate/ie7announcement.mspx

Microsoft ダウンロードセンター
自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?
FamilyId=4C12D92F-808D-4C21-96CA-DC191A0A8E41&displaylang=ja