ネットワークセンターからのお知らせ


【緊急】Internet Explorer に任意のコードが実行される脆弱性


学内ネットワークユーザー各位

JPCERTより、日本マイクロソフト社 Internet Explorerの脆弱性の存在の
注意喚起が発表されております。

概要:
・細工が施されたWebサイトにアクセスするだけで、ウイルス(悪質なプログラム)
 に感染する危険性などがある。
・脆弱性はIE 6/7/8/9に存在する。
・修正プログラムは9月21日に緊急リリース予定。

現在、対策方法はありません。
Microsoft によると、米国時間の 2012年9月21日に、本脆弱性の対策アップデート
を公開予定とのことです。

修正プログラムがリリースされるまでの間、いずれかの回避策をお願い致します。
・下記URLに記載の回避策を実施し影響を軽減させる。
 (JPCERTセキュリティ情報ページ)
  http://jvn.jp/cert/JVNVU480095/
・当面、Internet Explorer 以外のブラウザをご利用いただく。

また、修正プログラムが公開されましたら、適用をお願い致します。

以上