東邦大学医学メディアセンター
本文へジャンプ 更新日2011.1.12
             

 

医学雑誌の投稿規定

論文を雑誌に投稿する際に必要な投稿規定は、各雑誌に掲載されていますが、その多くはウェブで見ることができます。以下のリンク集が便利です。

海外医学雑誌の投稿規定リンク集

Instructions to Authors in the Health Sciences

  • このサイトは、Medical College of Ohio の Raymon H. Mulford Libraryによるものです。
    3,500タイトル以上の医学雑誌をABC順にリストしていますので、目指すタイトルをクリックすれば、 投稿規定のページに直接アクセスすることができます。


国内医学雑誌の投稿規定リンク集

投稿規定

  • このサイトは、約175タイトルの国内雑誌の投稿規定リンク集で、株式会社 伸樹社が作成管理しています。タイトルをクリックすると、直接投稿規定のページにアクセスできます。





生物医学雑誌投稿に関する統一規定(バンクーバー スタイル)

国際的な投稿論文作成ルールです。
1978年、英米の医学雑誌編集者がバンクーバーに集まり、翌年共通した統一的な投稿規定についての勧告を発表しました。当初は参考文献リストの統一を目的としていましたが、その後は二重投稿、オーサーシップ、不正行為や利害の衝突といった出版倫理に関するさまざまな勧告を発表しています。
現在、国際医学雑誌編集者委員会(ICMJE)が改訂しているこの規定は、BMJ, Lancet, New England Journal of Medicine, Annals of Internal Medicine など主要医学雑誌が採用しています。

オリジナル

Uniform Requirements for Manuscripts を採択している雑誌のリスト


バンクーバースタイルで指定されている参考文献欄の書き方: 雑誌論文、単行書、会議録、Webページなどの資料種類別に、また様々なケース別に参考文献の書き方が例示されています。


翻訳版





科学技術情報流通技術基準 (SIST : Standards for Information of Science and Technology)

SIST:科学技術情報流通技術基準は、科学技術情報の標準化のために 文部科学省が制定している基準です。 著者のための論文を作成する際の指針や参考文献の書き方、 学協会や出版社のための 学術雑誌への電子投稿規定を作成する際の指針 などが提示されています。





略誌名



論文を雑誌に投稿するにあたって引用文献の雑誌名を略する場合、投稿先の雑誌の投稿規定を確かめますが、医学分野では国際的には“MEDLINE(PubMed)”で用いられているNLM(米国立医学図書館)の略誌名、 日本では “医学中央雑誌(医中誌)”で用いられている略誌名が使われることが多いようです。
これらの略誌名は、以下のサイトで調べることができます。

 PubMedで略誌名、フルタイトルを調べる

医学分野では、“MEDLINE(PubMed)”で用いられているNLM(米国立医学図書館)の略誌名がよく使われています。

  1. PubMed:Journalsにアクセスする
  2. 入力ボックスに探したい雑誌名(一部でも可)を入力して、"Go" ボタンをクリックする
  3. フルタイトル、ISSN(国際逐次刊行物番号)、略誌名(MEDLINE Abbr)が表示される


NLM(米国国立医学図書館)の雑誌の略し方は2007年3月からはISSN Centreによっています。それ以前から存在するANSI(アメリカ国家規格協会)に基づいた略誌名は変更されません。

Fact Sheet
Contruction of the National Library of Medicine Title Abbreviations

米国国立医学図書館の略誌名についての解説(米国国立医学図書館) | 同 旧ページ

List of Title Word Abbreviations(LTWA) on-line | ISSN International Centre





 医学中央雑誌(医中誌Web)で略誌名、フルタイトルを調べる

日本の医学雑誌を略する場合は、医学中央雑誌の略誌名がよく使われれています。





 日本医学雑誌略名表
  • 日本医学図書館協会(JMLA)が1959年に刊行した資料です。1階カウンター内にあります。
  • この資料は現在絶版で内容が古いため、投稿規定などでこの本を参考にするようにとの記載があっても実用には則しません。上記「医学中央雑誌刊行会」のサイトをおすすめいたします。





 略誌名が見つからない場合など
  • 上記サイトで見つからない医学雑誌はむやみに略さないことをおすすめしますが、基本原則はISSN International Center のサイトで見ることができます。たとえば、Journal の略は J 、Japanese の略は Jpn、nippon はそのまま nippon など。

    List of Title Word Abbreviations(LTWA) on-line | ISSN International Centre

  • 海外(欧文)の雑誌に投稿する際、参考文献に日本語誌名の雑誌を記載する場合は、誌名のタイトルをローマナイズし、略しません。例:麻酔 → Masui、日本病理学会会誌 → Nippon Byori Gakkai Kaishi
  • 日本の雑誌でも欧文誌名のものは略誌名が用いられます。 例 :Japanese circulation journal → Jpn Circ J、Internal medicine → Intern Med





参考:電子資料の引用・利用