PubMed その3その2よりつづく)

Last modified 24/Jul/2008

Single Citation Matcher(特定の文献を簡単検索)


 特定の文献を探したいとき、文献を引用するときに何かを確認したいときなどに Single Citation Matcherが便利です。 サイドバーから Single Citation Matcher を選ぶと図の画面が現れます。
  1. 雑誌名、出版年、巻、号、論文の始まりのページ、著者名、論題のうち、 わかっている項目2つ〜3つを入力します(当センターおすすめは著者名とページ)。
  2. Go 」ボタンをクリックすると、入力した条件に該当する文献がリストされます。
Single Citation Matcher

参考:
Autocomplete for Author Names Added to PubMed's Single Citation Matcher
http://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/mj05/mj05_auto_author.html
PubMed's Single Citation Matcher Enhanced: First Author Search and Autocomplete for Journal Titles Added
http://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/mj05/mj05_scm.html

Clinical Queries

次の3つの機能が利用できます。ただし、網羅的に文献を探したいときにこの検索は向きません。

サイドバーから “Clinical Queries” をクリックすると図の画面が開きます。

Clinical Queries
  1. ボックスにキーワードを入力して 「 Go 」ボタンをクリックします。
参考資料
Clinical Queries using Research Methodology Filters
New PubMedR Filter: Systematic Reviews
PubMed for Handhelds Offers Searching via PICO
Clinical Prediction Guides Added to PubMed Clinical Queries


文献・検索式の保存、アラート機能 (My NCBI 旧Cubby)



My NCBI で文献やその検索式のリストを保存し、随時再検索することができます。また、設定しておくことによって、新しい文献がPubMedに収録されたら電子メールで通知してくれるアラート機能が利用できます。
*雑誌やその検索式のリストを保存することもできます。Journals Databaseの画面で下記と同様の操作をします。
  1. 検索画面からMyNCBIへ
    保存したい、またはアラートしてもらいたい検索をしたら、入力ボックス右の「Save Search 」をクリックします。

  2. Sign In
    Sign Inの画面が出ますので、User Name, Password を入力して、「Sign In」をクリックします。
    初めて使うときは "Register for an account." をクリックして登録します。


  3. 文献の保存
    保存したい文献をクリップボードに入れます。
    クリップボードを開き、文献にチェックを入れ、Send toのプルダウンメニューから "Collections"をクリックします。画面の指示に従って操作します。
    最大1,500件の文献が保存できます。Collectionは100まで。

  4. 検索式の保存、アラート機能の設定
    下の画面の上半分が現れます。
    検索式の保存だけでよければ、Noにチェックが入った状態で「 OK 」をクリックすると、画面は消えます。
    アラートメールを設定するには、Yes をチェックすると、画面下半分が現れます。適宜設定して、「 OK 」をクリックすると、画面は消えます。
    検索式の保存

  5. 検索式の管理
    画面右上、または、サイドバーのMy NCBI をクリックします。 Save DataのSaved Searchをクリックすると、保存した検索式がみられます。検索式は100件まで登録することができます。

    検索式の管理

フィルタータブ (My NCBI 旧Cubby)

検索をしたとき、初期設定では文献の総数と、そのうちの Review のタブが現れ、クリックするだけで Review文献のみのリストを見ることができます。これに加えて、自分専用のフィルター(絞り込み)タブを5つまで設定することができます。Limits を使って絞り込みをするのと結果的には同じですが、ワンクリックで絞り込みができます。

図では例としてChild(6歳から12歳)のみ、Diagnosis/Narrow(診断/より関連性の高い論文)のみ、Randomized Controlled Trial(無作為化比較試験)のみに絞り込みをするタブを設定してみました。


設定方法は次の通りです。

  1. Reviewタブの右にあるマーク(上図参照)をクリックする、または、My NCBIに Sign In し、サイドバーの「Search Filters」をクリックすると、設定の画面に入ります。
    「PubMed」をクリックします。
    Filter Selection: grouping search results

  2. 「Frequently Requested Filters」をクリックすると主なフィルタータブのリストが現れます。必要なものにはチェックします。
    Commonly-Requested Filters

  3. 2. 以外のフィルターは、「Browse Filters」の「Properties」 で探します。
    Diagnosis/Narrow(診断/より関連性の高い論文)のフィルタータブを設定してみましょう。このフィルターは、Clinical Queriesのグループにあります。
    同じように、Child(6歳から12歳)のフィルターはAge Groups の中に、Randomized Controlled Trial(無作為化比較試験)はPublication Typesの中にあります。
    Browse filters by category

  4. Diagnosis/Narrowにチェックを入れます。
    Filters in category


  5. フィルターの一覧と削除: 「My Filters」をクリックすると、設定したフィルターを見ることができます。ボックスのチェックをはずすと、そのフィルターは解除されます。
    Result Tabs

参考:
Share My NCBI Account Settings(設定をグループなどで共有する方法)



クッキー (Cookies)

クッキーについては東京慈恵会医科大学のページがくわしいので、そちらをご覧ください。
PubMedでのcookieの利用(東京慈恵会医科大学医学情報センター図書館)


マニュアル・参考書


東邦大学医学メディアセンター メインページへ