バナー
本文へジャンプ
             

 

診療ガイドライン情報

  医療情報サービスへ

関節リウマチ

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
関節リウマチの診療マニュアル(改訂版):診断のマニュアルとEBMに基づく治療ガイドライン (2004)  越智 隆弘(厚生労働省研究班班長)ほか編 財団法人日本リウマチ財団 2004 (M3.5/O) HOLD
患者さんのための関節リウマチ治療ガイドライン (2006)  財団法人日本リウマチ財団 医歯薬出版 2006 (M3.5/N) HOLD
関節リウマチ(RA)に対するTNF阻害療法施行ガイドライン(改訂版)(2008) [PDF]  日本リウマチ学会          
関節リウマチ(RA)に対するトシリズマブ使用ガイドライン (2008) [PDF] 日本リウマチ学会     
関節リウマチ(RA)に対するアダリムバブ使用ガイドライン (2008) [PDF] 日本リウマチ学会     
Official Japanese guidelines for the use of infliximab for rheumatoid arthritis(学内LANでのみ利用可能) (2004) Nobuyuki Miyasaka, Tsutomu Takeuchi, Katsumi Eguchi(日本リウマチ学会) Modern Rheumatology 15(1):4-8, 2005
Guidelines for the Management of Rheumatoid Arthritis 2002 Update ACR: American College of Rheumatology Arthritis Rheum 46(2):328-46, 2002 HOLD
抗リウマチ薬の臨床評価方法に関するガイドライン[PDF] (平成18年2月17日薬食審査発第0217001号)  厚生労働省医薬食品局   
混合性結合組織病の治療ガイドライン [改訂版] (2005)  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 混合性結合組織病に関する研究班 2005 (M3.1/Ko) HOLD
成人スティル病治療指針マニュアル (1996) 厚生省特定疾患自己免疫疾患調査研究班 1階厚労省特定疾患コーナー HOLD
シェーグレン症候群治療指針マニュアル (1996)   厚生省特定疾患自己免疫疾患調査研究班  (M3.1/Sh) HOLD 
全身性エリテマトーデス(SLE)の病態別治療指針 (1991) 厚生省特定疾患自己免疫疾患調査研究班 1階厚労省特定疾患コーナー HOLD
若年性特発性関節炎に対する生物学的製剤治療の手引き  日本小児リウマチ学会  日本小児科学会雑誌112(5):911-923 , 2008 HOLD
若年性特発性関節炎初期診療の手引き(2007)   日本リウマチ学会小児リウマチ委員会 日本小児リウマチ学会 日本小児科学会雑誌 111(8):1103-1112 , 2007 HOLD



骨粗鬆症

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
Guidelines on the management and treatment of glucocorticoid-induced osteoporosis of the Japanese Society for Bone and Mineral Research (2004)  Hajime Nawata et al. The Subcommittee to Study Diagnostic Criteria for Glucocorticoid-Induced Osteoporosis(日本骨代謝学会) Journal of Bone and Mineral Metabolism 23(2):105-109, 2005 HOLD 
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2006年版 (2006) (Mindsで公開) 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会 ライフサイエンス出版 2006 (M4.77/Ko) HOLD 
骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用ガイドライン(2004年度版) [PDF] 日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用に関する指針検討委員会 Osteoporosis Japan 12(2):191-207, 2004 
原発性骨粗鬆症の診断基準 (2000年度改訂版) 日本骨代謝学会骨粗鬆症診断基準検討委員会 日本骨代謝学会雑誌 18(3):76-82, 2001 HOLD



その他の整形外科疾患

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン (2005) (Minds にて公開) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会大腿骨頚部/転子部骨折ガイドライン策定委員会, 厚生労働省医療技術評価総合研究事業「大腿骨頸部骨折の診療ガイドライン作成」班 南江堂 2005 (M4.74/N) HOLD
頚椎後縦靱帯骨化症診療ガイドライン (2005) (Minds にて公開) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会頚椎後縦靱帯骨化症ガイドライン策定委員会, 厚生労働省特定疾患対策研究事業「脊柱靭帯骨化症に関する研究」班 南江堂 2005 (M4.66/N) HOLD
頚椎症性脊髄症診療ガイドライン (2005) (Minds にて公開) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会頚椎症性脊髄症ガイドライン策定委員会 南江堂 2005 (M4.66/N) HOLD
軟部腫瘍診断ガイドライン (2005) (Minds にて公開) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会軟部腫瘍診断ガイドライン策定委員会 南江堂 2005 (M4.56/N) HOLD
腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン (2005) (Minds にて公開) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会腰椎椎間板ヘルニアガイドライン策定委員会, 厚生労働省医療技術評価総合研究事業「腰椎椎間板ヘルニアのガイドライン作成」班 南江堂 2005 (M4.66/N) HOLD
鼠径部ヘルニアに対する腹腔鏡手術のガイドライン 日本内視鏡外科学会 内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版 p.102-113  (M4.6/N) HOLD
腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡手術のガイドライン 日本内視鏡外科学会 内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版 p.230-236  (M4.6/N) HOLD
整形外科移植に関するガイドライン (2003) 日本整形外科学会 日本整形外科学会雑誌 77(5):216-234, 2003 HOLD
骨・関節術後感染予防ガイドライン (Mindsにて公開) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 骨・関節術後感染予防ガイドライン策定委員会 南江堂 2006 (M4.72/N) HOLD
アキレス腱断裂診療ガイドライン(2007)  (Mindsにて公開) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会・アキレス腱断裂ガイドライン策定委員会  南江堂 2007 (M4.77/N) HOLD
上腕骨外側上顆炎診療ガイドライン(2006) (Minds にて公開)   日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 上腕骨外側上顆炎診療ガイドライン策定委員会 南江堂 2006 (M4.77/N) HOLD,(大橋)  
前十字靱帯(ACL)損傷診療ガイドライン  (Mindsで公開)   日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 ACL損傷ガイドライン策定委員会 南江堂 2006 (M4.77/N) HOLD
変形性股関節症診療ガイドライン (2008)   日本整形外科学会診療ガイドライン委員会、変形性股関節症ガイドライン策定委員会 南江堂 2008 (M4.77/N) HOLD
科学的根拠(Evidence Based Medicine;EBM)に基づいた腰痛診療のガイドラインの策定に関する研究 (2001?)
(Mindsにて公開)
厚生科学研究費補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業) 別置 HOLD
成人の急性腰痛治療ガイドライン AHCPR(現AHRQ) 日本カイロプラクティック評議会 1995 (M4.248/U) HOLD 
日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン  日本整形外科学会肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドライン改訂委員会 南江堂 2008 (M4.72/N) HOLD
外反母趾診療ガイドライン(2008)   日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 外反母趾ガイドライン策定委員会 南江堂 2008 (M4.73/N) HOLD
患者さんのための頸椎後縦靭帯骨化症ガイドブック : 診療ガイドラインに基づいて(2007)   日本整形外科学会診療ガイドライン委員会頚椎後縦靭帯骨化症ガイドライン策定委員会, 厚生労働省特定疾患対策研究事業「脊柱靭帯骨化症に関する研究」班 南江堂 2007 
(からだのとしょしつ所蔵)
(大橋)(佐倉)
手足のしびれ,歩きにくい症状がある方に : 診療ガイドラインに基づいた頸椎症性脊髄症ガイドブック(2007)  日本整形外科学会診療ガイドライン委員会頚椎症性脊髄症ガイドライン策定委員会 南江堂 2007
(からだのとしょしつ所蔵)(大橋)



褥瘡

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
褥瘡予防・管理ガイドライン
(旧版:Mindsにて公開)
日本褥瘡学会 照林社 2009 (M4.87/N) HOLD
褥瘡の予防・治療ガイドライン (1998)  宮地良樹編(監修:厚生省老人保健福祉局老人保健課)  照林社 1998 (M4.87/Mi) HOLD 



その他の皮膚疾患

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
皮膚真菌症の診断と治療のガイドライン -カンジダ症 加藤卓朗 日本医真菌学会雑誌 50(4):207-212.2009HOLD
アトピー性皮膚炎治療におけるシクロスポリンMEPCの使用指針 五十嵐敦之ほか 臨床皮膚科 63(13):1049-1054,2009.HOLD
接触性皮膚炎ガイドライン[PDF] 日本皮膚科学会接触皮膚炎診療ガイドライン委員会 日本皮膚科学会雑誌 119(9):1757-1793 , 2009 HOLD
アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2005 平成8年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究および平成9-16年度厚生労働科学研究 分担研究 「アトピー性皮膚炎治療ガイドラインの作成」     
日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン (2008)[PDF]    日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会 日本皮膚科学会雑誌 118(3):325-342 , 2008 HOLD
アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2006   社団法人日本アレルギー学会 アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会作成 協和企画  2006 (M4.84/N) HOLD
蕁麻疹・血管性浮腫の治療ガイドライン (2005) 蕁麻疹・血管性浮腫の治療ガイドライン作成委員会(日本皮膚科学会)  日本皮膚科学会雑誌 115(5):703-715, 2005 HOLD 
蕁麻疹・血管性浮腫の治療ガイドライン
プライマリケア版 (2006) [PDF]  
蕁麻疹・血管性浮腫の治療ガイドライン作成委員会(日本皮膚科学会)      
疥癬診療ガイドライン(第2版) (2007)[PDF]  日本皮膚科学会 疥癬診療ガイドライン策定委員会 日本皮膚科学会雑誌 117(1):1-13, 2007 HOLD
乾癬のPUVA療法ガイドライン(1999) 日本乾癬学会PUVA療法ガイドライン作成小委員会 日本皮膚科学会雑誌 110(5):807-814, 2000 HOLD
稀少難治性疾患に関する調査研究 診断治療ガイドライン2008 [厚生労働科学研究費補助金難治性皮膚疾患克服研究事業]  

  • 天疱瘡の診断と治療ガイドライン
  • 水疱性類天疱瘡ガイドライン
  • 膿疱性乾癬(汎発型)診断ガイドライン2008年度版(草稿) [PDF]
  • 表皮水疱症診断と治療のガイドライン
  • 水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症ガイドライン
厚生労働省難治療性疾患克服研究事業「稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究」編
(主任研究者 北島康雄) 

(M4.82/Ki/08) HOLD
日本皮膚科学会診療ガイドライン:水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症 [PDF]*上記の完成版   ガイドライン作成委員会 日本皮膚科学会雑誌 118(3):343-346 , 2008 HOLD
尋常性痤瘡治療ガイドライン [PDF] 
日本皮膚科学会  日本皮膚科学会誌 118(10):1893-1923 2008 HOLD

[ダイジェスト版]
日本皮膚科学会誌 119(5):付録 , 2009 HOLD
皮膚疾患治療ガイドライン (1999) オーストラリア治療ガイドライン委員会 特定非営利活動法人医薬ビジランスセンター 2004 (M4.82/Th) HOLD
日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第3版)(2007) [PDF]  ケミカルピーリングガイドライン作成委員会 日本皮膚科学会雑誌 118(3):347-355 , 2008 HOLD
強皮症における診断基準・重症度分類・治療指針 2007改訂版  

全身性強皮症・診療ガイドライン(2007)
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」(主任研究者:竹原和彦) (M4.88/Ky/07) HOLD
日本皮膚科学会雑誌 117(14):2431─2443,2007 HOLD  
科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍ガイドライン第1版(2007)
  • メラノーマ(悪性黒色腫)
  • 有棘細胞癌
  • 基底細胞癌
  • 乳房外パジェット病
 (Mindsにて公開)
皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン作成委員会, 日本皮膚科学会, 日本癌治療学会, 日本皮膚悪性腫瘍学会 金原出版 2007年 (M4.58/N)
HOLD
皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインII: 皮膚リンパ腫 (暫定版) [PDF]  日本皮膚科学会 日本皮膚悪性腫瘍学会編 要約版:日本皮膚科学会雑誌 119(7):1189-1211 , 2009 HOLD
神経繊維腫症1型(レックリングハウゼン病)の診断基準および治療ガイドライン (2008)   神経繊維腫症1型の診断基準・治療ガイドライン作成委員会 日本皮膚科学会雑誌 118(9):1657-1666 , 2008 HOLD
結節性硬化症の診断基準および治療ガイドライン(2008) 結節性硬化症の診断基準および治療ガイドライン作成委員会 日本皮膚科学会雑誌 118(9):1667-1676 , 2008 HOLD
血管炎・血管障害ガイドライン (2008) [PDF]   血管炎・血管障害ガイドライン作成委員会 日本皮膚科学会雑誌 18(11):2095-2187 , 2008 HOLD
皮膚真菌症診断・治療ガイドライン [PDF]  日本皮膚科学会 日本皮膚科学会雑誌 119(5):851-862 , 2009
熱傷診療ガイドライン  日本熱傷学会学術委員会  日本熱傷学会 2008 (M4.35/N) HOLD
静脈性潰瘍治療のガイドライン(2006) 

Guidelines for the treatment of venous ulcers  
(上記ガイドラインのオリジナル)
Robson MC et al. 「足の創傷をいかに治すか」 市岡滋、寺師浩人編著 巻末 p.2-17  克誠堂出版 2009 (M4.67/I)HOLD   

Wound Repair Regen 14(6):649-662 2006  
糖尿病性潰瘍治療のガイドライン (2006) 

Guidelines for the treatment of diabetic ulcers 
(上記ガイドラインのオリジナル)
Steed DL et al.  「足の創傷をいかに治すか」 市岡滋、寺師浩人編著 巻末 p.18-31 克誠堂出版 2009 (M4.67/I) HOLD

Wound Repair Regen
14(6):680-692 2006
動脈不全潰瘍治療のガイドライン (2006)

Guidelines for the treatment of arterial insufficiency ulcers 
(上記ガイドラインのオリジナル)
Hopf HW et al. 「足の創傷をいかに治すか」 市岡滋、寺師浩人編著  巻末 p.32-51 克誠堂出版 2009 (M4.67/I) HOLD
Wound Repair Regen 14(6):693-710 2006
静脈性潰瘍予防のガイドライン (2006) 

Guidelines for the prevention of venous ulcers  
(上記ガイドラインのオリジナル)
Robson MC et al. 「足の創傷をいかに治すか」 市岡滋、寺師浩人編著 巻末 p.52-55 克誠堂出版 2009 (M4.67/I) HOLD
Wound Repair Regen 16(2):147-150 2008
糖尿病性潰瘍予防のガイドライン (2008) 

Guidelines for the prevention of diabetic ulcers 
(上記ガイドラインのオリジナル)
Steed DL et al.  「足の創傷をいかに治すか」 市岡滋、寺師浩人編著 巻末 p.56-61 克誠堂出版 2009 (M4.67/I) HOLD
Wound Repair Regen 16(2):169-174 2008
下肢動脈性潰瘍予防のガイドライン(2008)

Guidelines fot the prevention of lower extremity arterial ulcers  
(上記ガイドラインのオリジナル)
Hopf HW et al. 「足の創傷をいかに治すか」 市岡滋、寺師浩人編著 巻末 p.62-74克誠堂出版 2009 (M4.67/I) HOLD
Wound Repair Regen 16(2):175-188 2008



泌尿器疾患

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
精巣腫瘍診療ガイドライン 2009年版 日本泌尿器科学会 金原出版 2009.(M4.554/N)HOLD
膀胱癌診療ガイドライン 日本甲状腺学会 医学図書出版 2009.(M4.551/N) HOLD 
BPH(前立腺肥大症)診療ガイドライン (2001)
EBMに基づく前立腺肥大症診療ガイドライン (2001) (Minds にて公開:「前立腺肥大症の患者さんへ」も掲載)
日本Endourology・ESWL学会 じほう 2001 (M4.966/H) HOLD 
排尿障害臨床試験ガイドライン (1997)  日本泌尿器科学会排尿障害臨床試験ガイドライン作成委員会  医学図書出版 1997 (M4.92/H) HOLD 
EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン
Minds にて公開:「尿失禁の患者さんへ」も掲載)
泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班編  じほう 2004 (M4.95/H) 【患者説明用CD-ROM付き】 HOLD 
女性尿失禁に対する診療ガイドライン (2002)
上記「EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン」の元になった報告書
厚生科学研究費補助金医療技術評価総合事業 代表者・大島伸一 平成12年度 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究 総括・総合研究報告書 p.35-68
高齢者尿失禁ガイドライン[PDF] (2002)
上記「EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン」の元になった報告書
平成12年度厚生科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)事業:岡村菊夫主任研究 高齢者尿失禁の評価・治療に関するガイドラインの作成 平成12・13年度総合研究報告書 2002 (厚生科学研究/Ko/01)1階厚労省特定疾患コーナー HOLD
過活動膀胱診療ガイドライン(付録:慢性期脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン、二分脊椎症に伴う下部尿路機能障害の診療ガイドライン) (2005) 日本排尿機能学会 過活動膀胱ガイドライン作成委員会 ブラックウェルパブリッシング 2005 (M4.95/N) HOLD

【ダイジェスト版】
ブラックウェルパブリッシング 2008
(M4.95/N) HOLD
夜間頻尿診療ガイドライン  日本神経感染症学会 夜間頻尿診療ガイドライン作成委員会 Blackwell Pub. 2009 (M4.95/N) HOLD
男性下部尿路症状診療ガイドライン  日本排尿機能学会 男性下部尿路症状診療ガイドライン作成委員会  Blackwell Publishing 2008
(M4.95/N) HOLD
尿路結石症診療ガイドライン 改訂版 (2004) (Mindsにて公開) 平成15-16年度厚生労働科学研究医療技術評価総合研究事業 尿路結石症診療ガイドラインの適正評価に関する研究班 【旧版】金原出版 2002 (M4.93/N) HOLD
佐倉図書室所蔵 (M4.93)
夜尿症診療のガイドライン (2004) 日本夜尿症学会    
血尿診断ガイドライン[PDF] 図[PDF] 表[PDF]  (2006) 血尿診断ガイドライン検討委員会(日本泌尿器科学会、日本腎臓学会、日本小児腎臓病学会、日本臨床検査医学会、日本臨床衛生検査技師会、厚生労働省「小児難治性腎尿路疾患の早期発見、診断、治療・管理に関する研究班」) (M4.92/N) 図書扱い HOLD 
日本腎臓学会誌 48(suppl.) , 2006

日本泌尿器科学会雑誌 97(5):巻末p.1-35, 2006 HOLD
尿路感染症臨床試験ガイドライン (1998) 日本泌尿器科学会 金原出版 1998 (M4.94/N) HOLD
泌尿器腹腔鏡手術ガイドライン [PDF] 日本Endourology・ESWL学会 Japanese journal of endourology and ESWL 21(1):1-70 , 2008  (4.92/N)  図書扱い HOLD  
ED診療の手順 (2002) 日本性機能学会 日本性機能学会雑誌 17(増刊):1-42, 2002 HOLD
ED診療ガイドライン   日本性機能学会、ED診療ガイドライン作成委員会編 Blackwell Pub. 2008 (M4.97/N) HOLD
精液検査標準化ガイドライン (2003) 精液検査標準化ガイドライン作成ワーキンググループ編 日本泌尿器科学会監修 金原出版 2003 (M4.96/Se) HOLD
佐倉図書室所蔵(M4.97)
停留精巣診療ガイドライン(2005) 日本小児泌尿器科学会学術委員会編 日本小児泌尿器科学会雑誌 14(2):117-152 2005 HOLD
加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)診療の手引き(2007) 日本泌尿器科学会, 日本Men's Health 医学会「LOH 症候群診療ガイドライン」検討ワーキング委員会 日本泌尿器科学会雑誌 98(1) 巻末 p.1-22, 2007 HOLD

じほう 2007 (M4.98/N) HOLD
間質性膀胱炎診療ガイドライン(2007) 日本間質性膀胱炎研究会ガイドライン作成委員会(推薦:日本泌尿器科学会) Blackwell Publishing 2007 (M4.95/N) HOLD
前立腺がん検診ガイドライン 2010年増補版 日本泌尿器科学会 金原出版 2009 (M4.554/N) HOLD
有効性評価に基づく前立腺がん検診ガイドライン・完全版 (2008)[PDF]  平成19年度厚生労働省がん研究助成金「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班 (主任研究者:濱島ちさと)      



腎疾患

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
CKD診療ガイド(2009) 日本腎臓学会編 東京医学社 2009 (M4.93/N) HOLD
エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2009   日本腎臓学会 東京医学社 2009 (M4.93/N) HOLD
慢性腎臓病に対する食事療法基準2007年版 日本腎臓学会 日本腎臓学会誌 49(8): 871-1024, 2007 HOLD
IgA腎症診療指針(第2版) (2002)
【左の「診療ガイドライン」をクリック】
日本腎臓病学会     
小児IgA腎症治療ガイドライン1.0版 (2007)
 【左メニューで「ガイドライン作成・学術調査活動」をクリック】
日本小児腎臓学会学術委員会小委員会「小児IgA腎症治療ガイドライン作成委員会」 日本小児科学会 111(11); 1466-1472, 2007   
常染色体優性多発性嚢胞腎診療ガイドライン[PDF] 図[PDF]  第2版 (2006)   厚生労働省特定疾患対策研究事業 進行性腎障害調査研究班(富野康日己班長) 東原英二(多発性嚢胞腎分科会長)監修 多発性嚢胞腎の全て 付録1(p.294-334) 2006 (M4.93/H) HOLD
急速進行性腎炎症候群の診療指針 (2002)
【左の「診療ガイドライン」をクリック】
急速進行性糸球体腎炎診療指針作成合同委員会(厚生労働省特定疾患進行性腎障害に関する調査研究班 急性進行性腎炎症候群分科会、日本腎臓学会) 日本腎臓学会誌 44(2):55-82, 2002 HOLD
難治性ネフローゼ症候群(成人例)の診療指針 (2002)
【左の「診療ガイドライン」をクリック】
厚生労働省特定疾患進行性腎障害に関する調査研究班 難治性ネフローゼ症候群分科会 日本腎臓学会誌 44(8):751-761, 2002 HOLD
小児特発性ネフローゼ症候群薬物治療ガイドライン 1.0版 (2005)
【左の「ガイドライン作成・学術調査活動」をクリック】
日本小児腎臓病学会 学術委員会小委員会「小児ネフローゼ症候群薬物治療ガイドライン作成委員会」 日本腎臓学会誌 47(7):790-803, 2005 HOLD
腸管出血性大腸菌感染に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断,治療ガイドライン(改訂版) (2000)
【左の「ガイドライン作成・学術調査活動」をクリック】 
日本小児腎臓病学会    
腎疾患患者の生活指導・食事療法に関するガイドライン(1997)
【左の「診療ガイドライン」をクリック】
日本腎臓学会 日本腎臓学会誌 39(1):1-37, 1997 HOLD
腎疾患の生活指導・食事療法ガイドライン (1998)
(上記ガイドラインを一般臨床医、コメディカルスタッフ向けに編集)
日本腎臓学会 東京医学社 1998
(からだのとしょしつ所蔵 WJ300/1998)
血尿診断ガイドライン[PDF] [PDF] [PDF]  (2006) 血尿診断ガイドライン検討委員会(日本泌尿器科学会、日本腎臓学会、日本小児腎臓病学会、日本臨床検査医学会、日本臨床衛生検査技師会、厚生労働省「小児難治性腎尿路疾患の早期発見、診断、治療・管理に関する研究班」) (M4.92/N) 図書扱い HOLD 
日本腎臓学会誌 48(suppl.) , 2006

日本泌尿器科学会雑誌 97(5):巻末p.1-35, 2006 HOLD
透析医療における標準的な透析操作と院内感染予防に関するマニュアル 改訂版 第2刷 (2004) 厚生労働科学研究費補助金 医薬安全総合研究事業
「院内感染を防止するための医療用具 及び 院内環境の管理及び運用に関する研究:主任研究者 山口恵三
分担研究「透析に関する院内感染対策」
分担研究者:秋葉隆
   
慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン 2008年版 [PDF]   日本透析医学会 日本透析医学会雑誌41(10):661-716 , 2008
透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン[PDF]  (2006)  日本透析医学会 日本透析医学会雑誌39(10):1435-1455 , 2006 
慢性血液透析用バスキュラーアクセスの作製および修復に関するガイドライン [PDF]  (2005) 日本透析医学会 日本透析医学会雑誌38(9):1491-1551 , 2005
腹膜透析ガイドライン [PDF] 腹膜透析療法ガイドライン作成ワーキンググループ委員会  日本透析医学会雑誌 42(4): 285-315 , 2009
慢性血液透析患者における感染予防のためのCDCガイドライン (2001) (オリジナル[PDF]) CDC Infection Control /透析ケア協同編集 メディカ出版 2001(M4.93/C) HOLD
腎機能(GFR)・尿蛋白測定ガイドライン (2003) 日本腎臓学会 東京医学社 2003 (M4.93/N)  HOLD
佐倉図書室所蔵 (M3.5)
Clinical Practice Guidelines National Kidney Foundation(NKF),
KDOQI (Kidney Disease Outcomes Quality Initiative)
  
生体腎移植における腹腔鏡下ドナー腎摘除術のガイドライン 日本内視鏡外科学会 内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版 p.196-206 (M4.6/N) HOLD
腎盂尿管移行部通過障害に対する腹腔鏡下腎盂形成術のガイドライン 日本内視鏡外科学会 内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版 p.207-215 (M4.6/N) HOLD
腎障害患者におけるガドリニウム造影剤使用に関するガイドライン(第2版)   NSFとガドリニウム造影剤使用に関する合同委員会 日本腎臓学会誌
51(7):839-842.2009 HOLD



婦人科疾患

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
子宮体がん治療ガイドライン 2009年版 日本婦人科腫瘍学会 金原出版.2009 (M4.555/N)
産婦人科診療ガイドライン-産科編 2008 
[PDF]
日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会 日本産科婦人科学会 2008 (5.5/N) HOLD   
改訂 高齢女性の健康増進のためのホルモン補充療法ガイドライン (2004) 武谷雄二、大内尉義編(厚生労働省・長寿科学総合研究・高齢女性の健康増進のためのホルモン補充療法に関する総合的研究班 / 老年者に対するホルモン補充療法に関する総合的研究班) メジカルレビュー社 2004 (M5.2/Ta) HOLD
ホルモン補充療法に関する見解 (平成14年9月)  日本産科婦人科学会の見解(会告)     
ホルモン補充療法ガイドライン 2009年度版   日本産科婦人科学会, 日本更年期医学会編 日本産科婦人科学会 2009 (M5.2/N) HOLD
妊娠糖尿病の定義ならびに診断基準に関する見解(平成14年2月)  日本産科婦人科学会の見解(会告)      
妊娠高血圧症候群(PIH)管理ガイドライン2009 [PDF]   日本妊娠高血圧学会 メジカルビュー社 2009 (M5.66/N) HOLD
乳腺疾患超音波診断のためのガイドライン-腫瘤像形成病変について- (2005) 日本超音波医学会 Jpn J Med Ultrasonics 32(6):589-591 英語版 592-594, 2005 HOLD
乳腺における細胞診および針生検の報告様式ガイドライン (2003) 日本乳癌学会 金原出版 2003 (M4.531/N) HOLD
子宮頚部細胞診実施ガイドライン (2000)
Cervical cytology Practice Guideline
American Society of Cytopathology 癌の臨床 48:617-626, 819-828, 899-909, 2002 HOLD
【オリジナル】Acta Cytologica 45(2):201-226, 2001 HOLD
(子宮内膜症)不妊症に対するガイドライン
日本産科婦人科学会 子宮内膜症取扱い規約 第2部 治療編・診療編 2004年10月第1版 p.51-59 2004 (M5.43/N/2) HOLD
(子宮内膜症)疼痛に対するガイドライン   日本産科婦人科学会 子宮内膜症取扱い規約 第2部 治療編・診療編 2004年10月第1版 p.60-80 2004 (M5.43/N/2)
HOLD    
(子宮内膜症)Endometrial cyst合併卵巣癌に対するガイドライン   日本産科婦人科学会 子宮内膜症取扱い規約 第2部 治療編・診療編 2004年10月第1版 p.81-82 2004 (M5.43/N/2)
HOLD
  
良性の卵巣腫瘍に対する腹腔鏡下手術のガイドライン 日本産科婦人科内視鏡学会ガイドライン委員会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24(2):491-495 , 2008 HOLD
卵巣チョコレート嚢胞に対する腹腔鏡下手術のガイドライン 日本産科婦人科内視鏡学会ガイドライン委員会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24(2):496-501 , 2008 HOLD
子宮筋腫に対する腹腔鏡下筋腫核出術のガイドライン 日本産科婦人科内視鏡学会ガイドライン委員会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24(2):502-506 , 2008 HOLD
粘膜下筋腫に対する子宮鏡下手術のガイドライン 日本産科婦人科内視鏡学会ガイドライン委員会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24(2):507-510 , 20089 HOLD
腹腔鏡を用いた単純子宮全摘出術のガイドライン 日本産科婦人科内視鏡学会ガイドライン委員会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24(2):511-514 , 2008 HOLD



生殖医療

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
院内助産ガイドライン 中林正雄ほか 助産師と産科医の協働の推進に関する研究 平成20年度分担研究報告.7-18.2009.
助産外来ガイドライン 遠藤俊子ほか 分娩拠点病院の創設と産科2次医療圏の設定による産科医師の集中化モデル事業 平成20年度分担研究報告 助産師活用システム-助産師外来推進のための諸課題に関する研究.2009
新しい生殖医療技術のガイドライン 改訂第2版 (2003) 日本不妊学会 金原出版 2003 (M5.48/N) HOLD
佐倉図書室所蔵 (M5.48/Ni) 
精液検査標準化ガイドライン (2003)   精液検査標準化ガイドライン作成ワーキンググループ編 日本泌尿器科学会監修  金原出版 2003 (M4.96/Se) HOLD
佐倉図書室所蔵 (M4.97) 
ED診療ガイドライン   日本性機能学会、ED診療ガイドライン作成委員会編 Blackwell Pub. 2008 (M4.97/N) HOLD
助産所業務ガイドライン (2004)   社団法人日本助産師会  日本助産師会 2004 (M5.9/N) HOLD
科学的根拠に基づく「快適な妊娠出産ケアのためのガイドライン」 (2006) (Mindsにて公開) 科学的根拠に基づく快適な妊娠・出産のためのガイドラインの開発に関する研究班編      
多胎妊娠防止のための移植胚数ガイドライン (2007)   日本生殖医学会倫理委員会 日本生殖医学会雑誌 53(1・2):18 , 2008 HOLD
低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン[PDF] 改訂版 (2005) 日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 58(3):894-962, 2006 HOLD
卵管妊娠に対する腹腔鏡(下)手術のガイドライン


日本内視鏡外科学会




日本産科婦人科内視鏡学会ガイドライン委員会
内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版 p.218-223 (M4.6/N)HOLD

日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24(2):484-490 , 2008 HOLD
不妊症に対する腹腔鏡(下)手術のガイドライン 

日本内視鏡外科学会



日本産科婦人科内視鏡学会ガイドライン委員会
内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版 p.224-228 (M4.6/N)HOLD

日本産科婦人科内視鏡学会雑誌24(2):479-483 , 2008 HOLD
日本産科婦人科学会の見解(会告) (参照日 2007-6-22)
  • 「体外受精・胚移植」に関する見解 (平成18年4月改定)
  • 生殖補助医療実施医療機関の登録と報告に関する見解(平成18年4月)
  • ヒト精子・卵子・受精卵を取り扱う研究に関する見解 (平成14年1月改定)
  • 「XY精子選別におけるパーコール使用の安全性に対する見解」の削除について (平成18年4月)
  • 死亡した胎児・新生児の臓器等を研究に用いることの是非や許容範囲についての見解(昭和62年1月)
  • 出生前に行われる検査および診断に関する見解 (平成19年4月)
  • ヒト胚および卵子の凍結保存と移植に関する見解 (平成18年4月改定)
  • 精子の凍結保存に関する見解(平成19年4月)
  • 顕微授精に関する見解(平成18年4月改定)
  • 「多胎妊娠」に関する見解 (平成8年2月)
  • 「非配偶者間人工授精」に関する見解 (平成18年4月改定)
  • 「ヒトの体外受精・胚移植の臨床応用の範囲」ならびに「着床前診断」に関する見解
     (平成18年12月16日改定)
  • 「着床前診断に関する見解」について (平成18年7月)
  • 代理懐胎に関する見解 (平成15年4月)
  • 胚提供による生殖補助医療に関する見解 (平成16年4月)   
日本生殖医学会(旧日本不妊学会)の見解 (左フレーム「不妊治療について」をクリック)
  • 倫理委員会報告(案) 「精子の凍結保存について」 (2006.7.5)
  • 事実婚における本人同士の生殖細胞を用いた体外受精実施」に関する日本不妊学会の見解 (2006.2.2)
  • 「医学的介入により造精機能低下の可能性のある男性の精子の凍結保存」に関する日本不妊学会の見解 (2003.9.30)
  • 倫理委員会報告:「クローン技術の生殖補助医療への応用に関する検討」に関する報告 (2001.6.15)
  • 「クローン人間の産生に関する」日本不妊学会の見解 (2001.3.30)
  • Y染色体微少欠失を有する不妊患者に対する顕微授精について (2000.9.26)
  • 染色体の数異常や構造異常による男性不妊の精子の臨床応用について (2000.3.27)
  • 理事会報告:「非配偶者間人工授精と精子提供に関する見解」について (1997.2.14)
  • 倫理委員会報告:「ヒト円形精子細胞を用いた授精法について」 (1995.10.26)
  • 『代理母』の問題についての理事見解 (1992.11.5)
   
日本受精着床学会の見解
  • 凍結精子を用いた死後生殖についての見解
  • 減数(胎)手術に関する見解
  • 非配偶者間における生殖補助医療の実施に関する見解と提言



眼の疾患

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
ラニビズマブ(遺伝子組換え)の維持期における再投与ガイドライン ラニビズマブ治療指針策定委員会 日本眼科学会雑誌 113(11):1098-1103,2009.HOLD
オルソケラトロジーガイドライン 日本コンタクトレンズ学会 日本眼科学会雑誌 113(6):676-679,2009 HOLD
感染性角膜炎診療ガイドライン(2007) 日本眼感染症学会感染性角膜炎診療ガイドライン作成委員会 日本眼科学会雑誌111(10):769-809, 2007 HOLD
科学的根拠(evidence)に基づく白内障診療ガイドライン (2002)
Minds にて公開:患者用説明書もあり)
厚生科学研究費補助金 21世紀型医療開拓推進研究事業(EBM分野)「科学的根拠(evidence)に基づく白内障診療ガイドラインの策定に関する研究」班  主任研究者:小原喜隆 平成13年度総括・分担研究報告書 2002 (患者用説明書もあり) HOLD 別置
日本白内障学会誌(0915-4302) 16(別冊号):29-162, 2004
 白内障診療ガイドライン 2004(M6.35/N)HOLD
眼科領域の画像表示と計測のためのガイドライン(案) (2006)   日本超音波医学会用語・診断基準委員会眼科用語・診断基準小委員会 超音波医学 33(5):589-592 , 2006 HOLD
コンタクトレンズ診療ガイドライン (2005)  日本コンタクトレンズ学会コンタクトレンズ診療ガイドライン編集委員会  日本眼科学会雑誌 109(10):637-665, 2005 HOLD 
エキシマレーザー屈折矯正手術のガイドライン (2004)  日本眼科学会エキシマレーザー屈折矯正手術ガイドライン委員会 日本眼科学会雑誌 104(8):237-239, 2004 HOLD 
加齢黄斑変性症に対する光線力学的療法のガイドライン (2004) 日本眼科学会 日本眼科学会雑誌 108(4):234-236, 2004 HOLD
加齢黄斑変性の分類と診断基準 (2008) 厚生労働省網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班加齢黄斑変性診断基準作成ワーキンググループ 日本眼科学会雑誌 112(12):1076-1084 , 2008 HOLD
アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン (2006) 日本眼科アレルギー研究会 日本眼科学会雑誌 110(2):99-140, 2006 HOLD
ウイルス性結膜炎ガイドライン (2003) 日本眼科学会, 日本眼感染症学会 ウイルス性結膜炎のガイドライン作成委員会 日本眼科学会雑誌 107(1):1-35, 2003 HOLD
緑内障診療ガイドライン 第2版 (2006)   日本緑内障学会緑内障診療ガイドライン作成委員会 日本眼科学会雑誌 110(10):777-809, 2006 HOLD
緑内障性視神経乳頭・網膜神経線維層変化判定ガイドライン (2006)  
(下の「補助資料2」をクリック)
日本緑内障学会緑内障診療ガイドライン作成委員会 日本眼科学会雑誌 110(10):810-814, 2006 HOLD
眼科ライブ手術ガイドライン[PDF]   日本眼科学会、眼科ライブ手術ガイドライン作成委員会 日本眼科学会雑誌 112(7):643-645 , 2008 HOLD
アデノウイルス結膜炎院内感染対策ガイドライン (2009)[PDF] 
アデノウイルス結膜炎院内感染対策委員会 日本眼科学会雑誌113(1):25-46 , 2009 HOLD
【訂正】日本眼科学会雑誌113(6):675 , 2009 HOLD
エキシマレーザー屈折矯正手術のガイドライン [PDF]   日本眼科学会 日本眼科学会雑誌113(7):741-742 2009 HOLD



耳の疾患

ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
小児急性中耳炎診療ガイドライン 2009年版  日本耳科学会、日本小児耳鼻咽喉科学会、 日本耳鼻咽喉科感染症学会 金原出版 2009 (M6.64/N) HOLD      



鼻の疾患

 
ガイドライン名 作成機関 出版社(所蔵情報)、雑誌
副鼻腔炎診療の手引き(2007)  日本鼻科学会 副鼻腔炎診療の手引き作成委員会 金原出版 2007 (M6.72/N) HOLD 
鼻アレルギー診療ガイドライン: 通年性鼻炎と花粉症 2009年版(改訂第6版)   鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 ライフ・サイエンス 2008 (M6.72/H) HOLD 
鼻アレルギー診療ガイドライン 2005年版 ダイジェスト 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 ライフ・サイエンス 2005 (M6.72/H) HOLD 
アレルギー性鼻炎ガイド 2005年版 (一般の人向け) (Minds にて公開) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 ライフ・サイエンス 2005 (M6.72/H) HOLD
鼻腔通気度検査法ガイドライン
  • 鼻腔通気度測定法 (Rhinomanometry) ガイドライン
  • 音響鼻腔計測法 (Acoustic Rhinometry) ガイドライン
  • 鼻呼吸抵抗測定法 (Oscillation) ガイドライン
 
日本鼻科学会  日本鼻科学会会誌 40(4):327-339, 2001 HOLD 
成人の睡眠時無呼吸症候群診断と治療のためのガイドライン (2005)   睡眠呼吸障害研究会 (後援:日本呼吸器学会、日本呼吸管理学会、日本睡眠学会、日本気管食道科学会、日本口腔・咽頭科学会)  メディカルレビュー社 2005 (M3.62/Su) HOLD 
嚥下障害診療ガイドライン-耳鼻咽喉科外来における対応-2008年版 日本耳鼻咽喉科学会  金原出版 2008 (M6.8/N) HOLD



口腔外科・歯科の疾患

ガイドライン名  作成機関 出版社 (所蔵情報) 、雑誌
ビスフォスフォネート系薬剤と顎骨壊死:臨床病態と治療ガイドライン 2008 日本口腔外科学会 日本口腔外科学会.2008.(M7.2/N)HOLD
口腔顎顔面痛の最新ガイドライン 改訂4版 米国AAOP学会 クインテッセンス出版.2009.(M7.2/A)HOLD
舌接触補助床(PAP)のガイドライン(案) 日本老年歯科医学会 老年歯科医学 24(2):103-116,2009.HOLD
歯周病の診断と治療の指針2007 日本歯周病学会 日本歯周病学会 2007年(M7.2/N) HOLD   
歯周病の診断と治療の指針(2007) [PDF] *上記資料に準拠 歯周病の診断と治療のガイドライン改定検討部会ワーキンググループ      
歯周病の検査・診断・治療計画の指針 2008 日本歯周病学会編著 日本歯周病学会 2008 (M7.2/N) HOLD
歯周病患者におけるインプラント治療の指針 2008    日本歯周病学会編著 日本歯周病学会 2009 (M7.5/N) HOLD
歯科医療領域3疾患の診療ガイドライン(2002)
  • 咬合異常
  • 顎機能障害
  • 咀嚼障害
日本補綴歯科学会ガイドライン作成委員会   日本補綴歯科学会雑誌 46(4):577-628, 2002   
有床義歯補綴診療のガイドライン(2007) 日本補綴歯科学会有床義歯補綴診療のガイドライン作成委員会  日本補綴歯科学会 (M7.5/N) HOLD   
補綴歯科治療過程における感染対策指針(2007) 日本補綴歯科学会補綴歯科治療過程における感染対策指針作成委員会  日本補綴歯科学会, 2007(M7.5/N) HOLD   
インプラントの画像診断ガイドライン第2版 [PDF] (Mindsにて公開) NPO法人日本歯科放射線学会・歯科放射線診療ガイドライン委員会編    
接着ブリッジのガイドライン(2007) 日本補綴歯科学会接着ブリッジのガイドライン作成委員会 日本補綴歯科学会 (M7.5/N) HOLD   
科学的根拠に基づく口腔癌診療ガイドライン 2009年度版   日本口腔腫瘍学会、日本口腔外科学会 金原出版 2009 (M4.573/N) HOLD
口唇裂・口蓋裂診療ガイドライン [PDF] 日本口腔外科学会 「口唇裂・口蓋裂診療ガイドライン」策定ワーキンググループ         
顎変形症診療ガイドライン [PDF]  日本口腔外科学会学術委員会診療ガイドライン策定小委員会顎変形症ワーキンググループ          
外傷診療ガイドライン [PDF]  日本口腔外科学会 ガイドライン作成ワークグループ      






 このホームページのすべてのコンテンツについて、個人的・教育的・非商業的な目的以外に利用することや、当センターの許可なく複製することはかたくお断りします。