ここでクリア
ここでクリア

ここでクリア

施設・設備

館内マップ



Information Square(インフォメーションスクエア)

司書が常駐して、皆様の学習・研究・診療を支援します。 資料の入手、各種データベースの利用方法など、メディアセンターを利用している中で何かわからない事がありましたら、お気軽にご相談ください。

額田文庫(Information Square内)

本学創立者である額田豊・額田晉両先生のご実家、備前岡山の医家額田家四代に亘る、幕末から明治にかけての蔵書を保管しています。
和装本を主体に275冊、承応5(1653)年刊行の「本草綱目」をはじめ、有名な傷寒論の解説書である「傷寒論弁正」「傷寒名数解」などが含まれています。

↑ ページの先頭にもどる

Resource Square(リソーススクエア)

図書及び雑誌が排架されています。図書は主題別、雑誌は和洋別にABC順に並んでいます。 固定書架と電動集密書架があり、電動集密書架と窓側の固定書架に雑誌、それ以外の固定書架に図書が入っており、自由に資料を利用できます。

図書

図書の並び方は、「日本十進分類法」による主題別・分類番号順です。なお、医学書は490の「49」を「M」におきかえ、当センターにより分類の追加・訂正をおこなっています。
所蔵確認は、メディアセンター蔵書検索(OPAC)をご利用ください。

分類番号 - 主題 自然科学 医学 医学
000 - 総記 410 - 数学 M0 - 医学 M3.6 - 神経病学
100 - 哲学 420 - 物理学 M1.1 - 解剖学 M3.7 - 精神医学
140 - 心理学 430 - 化学 M1.2 - 発生学 M3.9 - 小児科学
200 - 歴史 440 - 天文学 M1.3 - 生理学 M4 - 外科学
300 - 社会科学 450 - 地学 M1.4 - 生化学 M4.24 - 麻酔
370 - 教育 460 - 生物学 M1.5 - 薬理学 M4.5 - 腫瘍
400 - 自然科学 → 470 - 植物学 M1.6 - 病理学 M4.7 - 整形外科学
500 - 工学・技術 480 - 動物学 M1.7 - 微生物学 M4.8 - 皮膚科学
600 - 産業 490 - 医学・薬学  49を右のようにMに置き換え → M1.8 - 免疫学 M4.9 - 泌尿器科学
640 - 獣医学 M2 - 臨床医学 M5 - 産婦人科学
700 - 芸術 M2.1 - 診断学 M6 - 眼科学・耳鼻咽喉科学
780 - スポーツ M2.4 - 放射線医学 M7 - 歯科医学
800 - 語学 M2.9 - 看護学 M8 - 衛生学
900 - 文学 M3 - 内科 M9 - 薬学

雑誌

雑誌は、和雑誌(日本語)・洋雑誌(英語など外国語)に分けて配架しています。 和雑誌は固定書架と電動書架に、洋雑誌は電動書架にあります。 2017年以降に発行された未製本の雑誌は、新着雑誌書架に並べています。
雑誌はすべて誌名のABC順に並べているため、和文誌は雑誌名をヘボン式ローマ字綴りに変換して探してください。
所蔵確認は、メディアセンター蔵書検索(OPAC)をご利用ください。

凡例

  • 治療       → Chiryo
  • 耳鼻咽喉科展望  → Jibi inkoka tembo
  • 漢方の臨床    → Kampo no rinsho
  • 日本外科学会雑誌 → Nihon geka gakkai zasshi
  • 脳卒中  → Nosotchu
  • 東邦医学会雑誌 → Toho igakukai zasshi

Copy Corner(コピーコーナー)

コピー機2台、シュレッダー1台、作業台を設置しています。
コピー機の料金は支払い方法によって異なります。お得なICカードを是非ご利用ください。

  • 硬貨:モノクロ10円/枚、カラー50円/枚
  • コピーカード(換算):モノクロ9円/枚、カラー45円/枚
  • ICカード:モノクロ8円/枚、カラー40円/枚

本学の学生・教職員は、スキャンしてPDFまたは画像ファイル(JPG、TIFF)の形式でUSBに保存することも可能です。スキャンは無料です。
プリペイドカード(50枚用/450円・100枚用/900円)も引き続き販売しています。

当センターで複写できる範囲は、著作権法に基づいて以下のように制限されています。

  • 当センター所蔵の資料であること。
  • 著作物の一部分であること(半分以下)。
  • 定期刊行物は次号が発行されているか、発行後3ヶ月を経ていること。
  • 一人につき一部であること。
  • 調査・研究のためであること。
  • 有償無償を問わず再複写・頒布をしないこと。

↑ ページの先頭にもどる

Research Square(リサーチスクエア)

PCや個人用閲覧席、グループ学習のための平机が並んでいます。指定図書や診療ガイドラインの書架が近く、 資料を使った学習・研究に適しています。

診療ガイドライン

診療ガイドラインとは、科学的根拠に基づき、系統的な手法により作成された推奨を含む文書で、治療や診療を支援するための重要な資料です。 医学メディアセンターでは、診療ガイドラインの収集に力を入れています。
収集した情報は、NPO法人医学中央雑誌刊行会と共同で主催している「 東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース」サイトから、 学内外に向けて広く発信しています。
このような活動から、当館は国内でも有数の「診療ガイドラインが充実した図書館」として、幅広く認知されています。
診療ガイドラインの書架にあるガイドラインは貸出できませんが、通常の書架に貸出用の複本を用意しています。

癌取扱い規約

癌の状態や治療結果を記録する際の約束事を、関連学会がまとめた図書です。診療ガイドラインと同じく、治療や診療を支援するための重要な資料です。
通常の書架に貸出用の複本も用意しています。

視聴覚資料

DVD・CD-ROMなどを所蔵しています。貸出可能です。

参考図書

辞典や百科事典、各種専門辞書などがあります。

指定図書

東邦大学医学部教育目標では自主学習、自己方向付け学習(SDL)の重要性が提唱されています。学習指定図書は、これらをサポートするために選定されたものです。 図書はすべて各教科の責任者によって推薦され、カリキュラムに沿って毎年年見直しがおこなわれています。 指定された図書は「指定図書」の書架にあります。「指定図書」の書架にあるものは貸出ができませんが、通常の書架に貸出用の複本を用意しています。

国試関連資料

国試既出問題集、参考書、出題基準など、医師国家試験関連資料とUSMLE関連資料のコーナーです。 このコーナーにある資料のほとんどは、貸出できません。館内でご利用ください。

PC Corner(PCコーナー)

18台のPCと、2台のカラープリンターがあります。 文献検索方法、電子ジャーナルの探し方などはお気軽にスタッフにおたずねください。

↑ ページの先頭にもどる

Self-Learning Square(セルフラーニングスクエア)

個人用閲覧席が配置されており、集中して学習・研究をすることができます。 8:00-9:00の医学メディアセンター開館前にも、専用出入り口から学生証・職員証で入室可能です。
※医学部試験期間中は、時間入れ替え制の指定席制度を導入予定です。

↑ ページの先頭にもどる

Lounge(ラウンジ)

小説や、週刊誌などの一般誌、新聞各紙があります。勉強・研究の息抜きにご利用いただけます。

↑ ページの先頭にもどる

Communication Square(コミュニケーションスクエア)

医学メディアセンターへのエントランスです。

↑ ページの先頭にもどる