ここでクリア
ここでクリア
  • 検索
  • OPAC

ここでクリア

更新日:2018/1/31

テーマに沿って論文を探す

検索例:日本の研究者が執筆した「鳥インフルエンザ,トリインフルエンザ(Bird Flu,Avian Influenza,Avian Flu)」に関する論文のうち,”最も多く引用された論文”を検索する


  • Web of Scienceのサイトにアクセスします。http://www.webofknowledge.com/wos

    検索ボックスに、調べたいテーマ,キーワードなど検索条件を入力します。入力したキーワードが論文情報のどこに含まれているか「論文タイトル」,「論文タイトル+抄録+キーワード」等を指定した検索が可能です。検索ボックス右側のプルダウンを選択・設定し,[検索]をクリックしてください。

    「トピック」は複数の項目(タイトル / 抄録 / キーワード)に対して検索を行います。検索ワードに関して、広く検索したいときに使用します。

    例):検索ボックスに「Bird Flu」「Avian Influenza」「Avian Flu」を入力し、プルダウンで「トピック」を選択,条件を追加したい場合,"+検索条件を追加"のリンクをクリックし,下に追加された検索ボックスにキーワードを入力し、プルダウンで検索対象項目を選択

    ※検索用語を引用符で囲むと、フレーズ検索が可能です
    例)”Bird Flu”

    ※アスタリスク(*)を利用することで,入力の省略や語尾の異なる単語をまとめて検索可能です
    ”Influenza in Bird*” →”Influenza in Bird”や”Influenza in Birds”・・・etc



  • 検索結果の一覧画面で,絞り込みが可能です。

    例)「薬学系論文」のみに絞りたい場合,検索結果の左の欄からすべて表示オプションをクリックします



  • [研究分野] をクリックし,[PHARMACOLOGY PHARMACY ] にチェックを入れ,[絞り込み]ボタンをクリックします

    ※ 直下の一覧にない場合は、[その他のオプション]をクリックし、表示されるページにてチェックを入れる



    ↑ ページの先頭にもどる

  • 日本の研究者に絞るために,検索結果の左の欄から [国/地域] をクリックし,[JAPAN] の選択肢があるので、チェックボックスにチェックを入れ,[絞り込み]ボタンをクリックします


  • 画面上部の並び替えの部分で[被引用数]をクリックします


  • 被引用数が多い順に並び替わります


  • 詳細表示画面の説明:

    • Link@東邦大学:プルダウンメニューを選択して,東邦大学での所蔵(電子ジャーナルの契約の有無など)を調査できます
    • 全文オプション:プルダウンメニューを選択して出版社サイトでの電子ジャーナルを検索,またはNCBIサイトへのリンクを利用できます

    引用ネットワーク情報

    • 被引用数:この論文を引用して 作成された論文の数
    • 引用文献:この論文作成にあた って引用した論文の数
    • Related Recordsの検索:該当文献が引用している文献と同一の引用を行っている文献を検索します

    • 引用アラートの作成:該当文献が引用された時に自動的にメールで知らせてくれる機能

    ↑ ページの先頭にもどる

    オープンアクセス論文にフルテキストダウンロードリンクが表示されるようになりました

    (2017年12月より新機能)

    リンクアイコンをクリックすると提供元サイトで本文が表示されます

    • ゴールドOA:フルゴールド(ゴールドOAのサイトで無料で利用可能な論文),ゴールドハイブリッドOA(論文掲載時に著者がAPCを支払いOA化し,出版社サイトで無料で利用可能な論文)
    • グリーンOA:
      グリーン掲載済(学術雑誌に掲載された論文の査読が済み掲載許諾(アクセプト)を受け雑誌に掲載されたものと同じ版を,著者が機関リポジトリなどで公開した論文),
    • グリーン査読済(学術雑誌に掲載された論文の査読が済み掲載許諾(アクセプト)を受けることになった著者最終原稿を,著者が機関リポジトリなどで公開した論文)

    学外からの利用について

    東邦大学に在籍している方は、ご自宅や出向先など学内LANに接続されていないパソコンからも、Web of Science, JCR(Journal Citation Reports), ESI(Essential Science Indicators)を利用できます。
    また、この認証に対応している電子ジャーナルやデータベース等を一度ログインしておくと、ブラウザを閉じるまで認証が継続するので、対応している他のサービスを使った場合、IDとパスワードを再度入力する必要なく利用できます。
    Web of Scienceのサイトより、Web of Scienceの学外からの利用についてのページに案内のある手順でログインしてください。 東邦大学のWebMailと同じIDとパスワードになりますが、ご不明の場合はネットワークセンターにお問い合わせください。

    ※ JCR(Journal Citation Reports), ESI(Essential Science Indicators)の利用方法は上記とは異なります。ご注意ください。JCR,ESIを学外から利用する場合はinCites Journal Citation Repors(JCR)のシボレス認証方法をご確認ください