ここでクリア
ここでクリア
  • 検索
  • OPAC

ここでクリア

更新日:2017/12/12

論文の被引用数や引用情報を探す

  • Web of Scienceのサイトにアクセスします。http://www.webofknowledge.com/wos
    検索ボックスに、調べたい著者の氏名など検索条件を入力します。「著者名」と「著者所属」等での絞込みが可能です。検索ボックス右側のプルダウンを選択・設定し,[検索]をクリックしてください。

    例)著者:故佐地勉先生(さじ つとむ)を検索する場合、検索ボックスに「Saji S* OR Saji Tsutomu」を入力し、プルダウンで「著者名」を選択、"+検索条件を追加"のリンクをクリックし、下に追加された検索ボックスに「toho」または「toho univ」などど入力し、プルダウンで「著者所属」を選択

    ※同姓同イニシャルの研究者を効率的に除外するには著者所属を組み合わせた検索が有効です。著者所属の同一行に複数の指定語句があるものに限定するSAME演算子が便利です。
    例)東邦大学医学部の場合「Toho SAME med」



  • 検索結果の一覧画面で、絞り込みが可能です。

    例)「雑誌論文」のみに絞りたい場合、左側の"ドキュメントタイプ"の部分で、「ARTICLE」をチェックし,[絞り込み]をクリックしてください。



  • 検索結果の一覧画面で、該当論文の左のチェックボックスにチェックを入れ、右上部の「マークリストに追加」をクリックします。


  • 論文をリストに追加し終わったら、上部のメニューバーの"マークリスト"をクリックします


  • マークリスト内、レコード一覧右上の"引用レポートの作成"をクリックします。


  • 論文の被引用数の情報がグラフと数値で表示されます。

    検索結果を母数とした集合について、時間経過に伴う論文の被引用状況を確認できます。

    この例では2008・2012年に執筆した論文数が多く(年代別論文数)、2014年以降の被引用数の伸びに貢献していることが分かります。

    グラフの下には検索集合の 各論文の被引用数が年ごとに表示されています。
    ※引用レポートは10,000件を超える集合には表示されません。


  • 各種指標の詳細:

    • 被引用数(Times Cited):この論文がほかの論文に引用された回数。論文の影響力を測ることができます。
      ただし、次の点にご注意ください。

      ※ 古い論文ほど被引用数が多くなるため、発行年が異なる論文の被引用数の単純比較できません。

      ※ 研究分野により引用傾向が異なるため、異なる分野の被引用数の単純比較はできません。

    • 引用文献:この論文を作成するのに参考・引用した文献の数。
    • h-index:被引用数により降順でランク付けされた出版物のリストに基づいたh-index数

      h-indexは、少なくともh回引用されたhの論文があることを意味します。

    算出時の注意点

    • 年は1月〜12月単位で、「年度」での算出はできません。
    • Web of Scienceに収録されている雑誌の引用情報のみ調べられます。   

      ※Web of Scienceの自然科学分野の収録対象誌は約8,000誌です。英語圏のものが中心ですので、日本語論文の引用情報は収録されていない可能性が高いです。収録誌は以下リンクより確認可能です。(http://scientific.thomson.com/cgi-bin/jrnlst/jloptions.cgi?PC=D)

      ※収録対象誌の引用情報は基本的には全件収録されています。

    • 論文検索可能範囲は1982年以降です。(本学の契約による)

      ※被引用情報はこの範囲に限らずデータベース全体から算出されます。

    • 自己引用を除く被引用数の合計は右上部分に表示されます。合計のみで年ごとの数字は出ません。

    ↑ ページの先頭にもどる

    学外からの利用について

    東邦大学に在籍している方は、ご自宅や出向先など学内LANに接続されていないパソコンからも、Web of Science, JCR(Journal Citation Reports), ESI(Essential Science Indicators)を利用できます。
    また、この認証に対応している電子ジャーナルやデータベース等を一度ログインしておくと、ブラウザを閉じるまで認証が継続するので、対応している他のサービスを使った場合、IDとパスワードを再度入力する必要なく利用できます。
    Web of Scienceのサイトより、Web of Science, JCR, ESIの学外からの利用についてのページに案内のある手順でログインしてください。
    ログインにはネットワークセンターが配布しているIDとパスワードが必要です。
    東邦大学のWebMailと同じIDとパスワードになりますが、ご不明の場合はネットワークセンターにお問い合わせください。

    ※ JCR(Journal Citation Reports), ESI(Essential Science Indicators)の利用方法は上記とは異なります。ご注意ください。JCR,ESIを学外から利用する場合はinCites Journal Citation Repors(JCR)のシボレス認証方法をご確認ください